クリナム・タイアナム(ミズスイセン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリナム・タイアナムクリナム・タイアナムは和名をミズスイセン、英名をウォーターリリーということからもわかるように、球根から厚みのある葉と根が出る丈夫で美しい水草です。
大型の球根植物で、別名を「オニオン・プラント」といい、たまねぎに似た鱗茎といわれる状態で売られていることが多いです。
ヒガンバナ科の植物で学名の[Crinum thaianum]の[Crinum]は[ユリ科のようなバルブを持った]、[thaianum]は[タイ原産の]という意味です。クリナム・タイアナムの葉は3~5cmの幅の緑色をした長いテープ状で、水草レイアウト水槽でも大きくなると1m以上、自然な状態では2m以上になることもあります。
やや肉厚な緑色の細長い葉は丈夫で、葉厚は比較的厚く軟らかい葉で、葉の縁はわずかに鋸葉、はっきりとした中心の葉脈はなく、葉先は鋭頭です。クリナム・タイアナムの花は水上に浮葉や花茎を上げ、ユリによく似た白い花を咲かせます。
クリナムの仲間の水草は「鱗茎」と呼ばれるイモのような機能の養分を蓄えた地下茎を持っていますが、クリナム・タイアナムはタマネギのようにもラッキョウのようにも見える大きな根塊です。
クリナム・タイアナム(ミズスイセン)をアマゾンで探す
クリナム・タイアナム(ミズスイセン)を楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリナム・タイアナムは丈夫で育てやすい水草です。
ショップでは鱗茎の状態で販売されているのが普通で、購入後は3~4水槽に浮かべておき、根が伸び始めてから植えましょう。
植える際は、浮かない程度に埋めることがコツです。
とても丈夫な水草とは言っても、植える際に鱗茎を底床に深く植えすぎると埋めてしまうと、溶けてしまうことがあります。その後の育て方は容易で、根塊に蓄えている栄養分によって根が張る前に葉を出し、後に白く大い肥料の吸収力の高そうな根を張ってたくましく生長します。
20℃以上の温度と光さえあればどんな環境にも適応し、浅い水に入れて太陽光などの強い光を浴びさせると花柄が伸びてユリに似た純自の花が咲きます。クリナム・タイアナムはとても葉が長くなる水草で、生育条件にもよりますが、かるく1mを越えます。
丈夫で育てやすい水草ですが、底床内の栄養不足と光量不足にはやや弱い面もあります。
肥沃な底床で育成すると良いでしょう。
底床内に栄養分が豊富にあれば、二酸化炭素の添加を行なわなくてもよく成長します。クリナム・タイアナムは根張りが強い水草なので、底床はやや厚くしたほうがよく、球根は浅植えにして底床の厚さは8~10cm以上にします
底床があまり薄いと、根が底床から露出してしまうこともあります。
クリナム・タイアナムは一度根が張ったら移動させないのがポイントです。CO2添加はあった方が良く、底床はソイルでも砂でも育ちます。
施肥は底床に固形肥料を主体に施し、液肥で不足分を補うと良いでしょう。

水草の増やし方

クリナム・タイアナムの増やし方は子球の分離で増やすことができます。

水草水槽のレイアウト

クリナム・タイアナムは水草水槽のレイアウトの中ではスポット植えに適した水草です。
深い水槽レイアウトにはとても似合いますし、装飾的な水草なので人気が集まっています。
浮き葉が出ないので、水草水槽レイアウトのワンポイントとして利用できます。
クリナム・タイアナムは大きさと存在感のある水草ですから、水草水槽レイアウト内では他の有茎の水草のように多くの本数をまとめて植えるには適していません。
まとめ植えしてもあまり効果的ではなく、水草水槽レイアウトの目立つ場所に、単独か数株をスポット的に植えた方が水槽レイアウトのデザイン上、効果的な水草です。
特に大型の水草水槽レイアウトのサイドや後面に使用すると美しさが際立ちます。クリナム・タイアナムはテープ状の葉はやや捩れて非常に長くのび水面で絡みあうようになります。
葉の質が布のような柔軟性を持っていますので、フィルターからの水流で葉が水槽の片側におされることもあり、あまり葉が長くなってからまってしまう場合はトリミングで整えると良いでしょう。
伸びた葉が水面を覆い光を遮る場合なども、古い葉を数枚取り除くかたちでトリミングします。熱帯魚は(もちろん好みではありますが)小型魚から中型魚まで、アナバスの仲間の魚(グラミィなど)がよく似合うと思います。
クリナム・タイアヌムは非常に大い根を張り、抜けにくいため、大型熱帯魚の水槽でも使用できます
クリナム・タイアナム(ミズスイセン)をアマゾンで探す
クリナム・タイアナム(ミズスイセン)を楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリナム・タイアナム
学名 Crinum thaianum
和名 ミズスイセン
別名 ウォーターリリー
オニオン・プラント
クリナム・タイアヌム
科名 ヒガンバナ科
原産 タイ・マレー半島
光量 強い(60cm標準水槽で照明3灯以上が目安です)
二酸化炭素 必要なし
水質 酸性~弱アルカリ性 pH5.0~7.5
硬度 中硬水 kH0~7、GH0~7
水温 22~26℃
形態 ロゼット状 根生植物
栽培難易度 容易

クリナム・タイアナム(ミズスイセン)をアマゾンで探す
クリナム・タイアナム(ミズスイセン)を楽天市場で探す

アジア原産の水草, イモ系の水草, テープ状水草, ヒガンバナ科の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 浮葉植物, 簡単丈夫な初心者OK水草