アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アポノゲトン・ウルバケウスアポノゲトン・ウルバケウスはレースプラントと同様にマダガスカル固有の水草ですがレースプラントより水槽栽培は容易です。
池沼、河川などに生育する多年生の沈水植物。
アポノゲトン・ウルバケウスの葉は透き通るような黄緑色で、葉の縁はらせん状のゆったりとした曲線を描き大きく波打っていて非常に美しい水草です。
葉の長さよりやや短いか、ほぼ同じ長さの葉柄があり、葉は束生しています。
葉の形は長い楕円形で表面は平滑、長さ30~50cm位、幅4~8cm位になります。
基の部分はゆるくクサビ形になっていて、膜質です。
塊茎は球形で、径30mmほどです。
花は根の部分から葉の茎より花茎を水面に出して
黄紅色の小花を咲かせます。アポノゲトン・ウルバケウスは水草水槽の中でアクアプランツの典型的な美しさがある水草です。
アポノゲトンの仲間としては比較的育成が容易な水草で葉長が40cmを超えることもある大型の沈水性の水草です。
「アポノゲトン・ナタンス」と似ていて少し大きくした形をしています。
ほとんどの場合塊茎で入荷されています。
丈夫なアポノゲトン・ウルバケウスを購入するには、沈んでいるものの中から硬く大きな個体を選ぶことがコツです。
アポノゲトン・ウルバケウスは本当は浮葉を出さない水草ですが、水草ファームなどで他種と交雑し、浮葉をつくるものが、アポノゲトン・ウルバケウスとして入荷することがあるので注意が必要です。
学名はAponogeton ulvaceusですが、AponogetonはPotamogeton(ヒルムシロ科)を語源とする造語です。ulvaは「草むらのような」という意味です。
アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)をアマゾンで探す
アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)を楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アポノゲトン・ウルバケウスは丈夫で育成は容易、生育も速い水草です。
酸性から中性までの水質で軟水を好みます。
施肥は底床肥料を主体に行います。
アポノゲトン・ウルバケウスを上手に育てるには塊茎を浅く植え、元肥を施すのがコツ。
水槽内に沈めて底床添加肥料を与えると、小さな新芽が伸び始め、やがて30~40cmにも達する優雅な葉に生長します。
30℃もの高温にも耐える水草なので夏場でも充分育成できます。
アポノゲトン・ウルバケウスは生長が早い水草のため、水深45cm以下の水槽では葉がたちまち水面に浮いてしまい、光を述るので早めにトリミングしましょう。
鉢植えにすると幾分小型になります。
アポノゲトンの多くは休眠する性質があるので、休眠中には葉がなくなりますが、死んでしまったわけではあまりせん。
そのまま据え置くとやがて葉が出ます。
貝の食害を受ける場合がありますので注意しましょう。
バルブに蓄えられた栄養分を使い果たすと、バルブは軽くなり、指で押すと簡単に潰れてしまうほどになります。

水草の増やし方

アポノゲトン・ウルバケウスは実生(種子から発芽させて新しい苗)で増やすことができる水草です。

水草水槽のレイアウト

シンプルな一本植えでのレイアウトが合う水草でアクアリウムのセンタープラントに最適です。
明るい緑がこの1株だけでもレイアウトを成り立たせます。
葉幅や葉長が大きくなる種類なので,後景に植えるとレイアウトを引き立ててくれます。
アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)をアマゾンで探す
アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)を楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アポノゲトン・ウルバセウス
学名 Aponogeton ulvaceus
和名
別名 アポノゲトン・ウルバセウス
科名 アポノゲトン科
原産 マダガスカル
光量 普通
二酸化炭素 少なめ
水質 弱アルカリ性~弱酸性
硬度
水温 20~30℃
形態 ロゼット型
栽培難易度 普通

アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)をアマゾンで探す
アポノゲトン・ウルバケウス(ウルバセウス)を楽天市場で探す

アフリカ原産の水草, アポノゲトン科の水草, イモ系の水草, ロゼット状の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 浮葉植物, 簡単丈夫な初心者OK水草, 黄緑系の水草