クリプトコリネ・コスタータ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・コスタータクリプトコリネ・コスタータは細葉系クリフトコリネの代表種とも言える水草です。
水草水槽にレイアウトしても栽培が容易に楽しめるので人気も高い水草です。クリプトコリネ・コスタータはタイの自生地で水上葉が多く見られます。
典型的とも言える水辺の植物で、通常は川の中央部に発生することは少なく、砂質の水際や、水辺の陸部に生えています。
クリプトコリネ・コスタータは最近は交雑が進み、純粋なクリプトコリネ・コスタータは個体が少なくなっています。クリプトコリネ・コスタータは「クリプトコネ・アルビタ」ととてもよく似ています。
その為トロピカ社の名札では「Cryptocoryne albida(costata)」と記載されていて、この2種類の水草は同種として扱われています。
しかし、クリプトコリネ・コスタータと「クリプトコネ・アルビタ」の水上葉は明らかに異なっているので別種として扱う場合が多いです。
類似のクリプトコリネ・コスタータと「クリプトコネ・アルビタ」の相違点は、「クリプトコネ・アルビタ」の水上葉は葉脈が緑色、仏炎包の先が後方へ水平に伸伏葉は線状倒披針形であるのに対し、クリプトコネ・コスタータの水上葉の中央脈が紅緑色、仏炎芭は上に伸び、`葉は線状披針形です。
クリプトコリネ・コスタータの水中葉は葉縁に明確なウェーブが入り形状は非常に細長い点でも異なっています。日本の熱帯魚店に流通しているクリプトコリネ・コスタータは国内産、東南アジアと、ヨーロッパ産のものが数多く販売されています。
クリプトコリネ・コスタータとして販売されている水草の大半はアルビタ種との交雑種であると言われています。クリプトコリネ・コスタータは細葉タイプの小型のクリプトコリネで、水上葉ははくすんだオリーブグリーンでツヤがありません。
草丈は10~15cmの長さで、葉身は線状披針形、長さ7.5~10cm幅1~1.5cmほどです。
中央に太い脈があり、葉縁は全縁に近く、やや波打っています。
基部には低鋸歯があり、翼状でクサビ状に細くなり、葉柄部と中央脈に赤味を帯びることもあります。クリプトコリネ・コスタータは、水中葉では環境によって色彩が別な水草とも思えるほど変化し、明るいグリーンから斑点の入るオレンジ色まで幅のある色彩を楽しめます。
中央脈には少し赤味が出る場合もあります。クリプトコリネ・コスタータの花序は10cm位の高さで、先端はロート形(仏炎状)です。
苞は暗紫色で上部は通常少しよじれていて内側には明瞭な小褐色斑があります。
クリプトコリネ・コスタータをアマゾンで探す
クリプトコリネ・コスタータを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・コスタータは、「クリプトコリネ・アルビタ」に良く似たクリプトコリネで、育成条件もほぼ同様です。
水草水槽でのクリプトコリネ・コスタータの育て方は、草姿が小型のため、多めの光量にすることです。
水槽内で長期育成するためには肥料と光を十分に与え、二酸化炭素(Co2)の添加をすることです。
水中化する時に一旦溶けることもありますが移動させず新芽の展開を待ちましょう。
肥料は固形の底床添加肥料を中心にし、鉄分も有効です。

水草の増やし方

クリプトコリネ・コスタータの増やし方は、子株を切りはなす方法です。
クリプトコリネの仲間の水草は育成状態が良いと子株が出来るようになります。
茎の途中が膨らみ株元から芽を吹き親株の周りに子株が出来る種類とランナーを伸ばしその先に子株が出来る種類があります。
子株ができたばかりの時には根が無く、少し大きくなると出てくるので、切り離して植えます。

水草水槽のレイアウト

クリプトコリネ・コスタータは、水上葉で自生していることが多く、アクアテラリウムやパルダリウム(特に植物に重点を置いたテラリウム)にもよくレイアウトされます。
強い光のアクアテラリウムやパルダリウムではクリプトコリネ・コスタータ本来の美しさを見ることができます。クリプトコリネ・コスタータは、もちろん水草水槽にレイアウトしても育てることができます。
クリプトコリネ・コスタータは、クリプトコリネの種の中でも、代表的な前景草として知られる水草です。
強い光を必要とする為、他の水草の陰にならないような場所にレイアウトします。
また移植をすると溶ける場合もあるので、長く同じ場所で育てられるように場所をよく考えてレイアウトしましょう。
クリプトコリネ・コスタータをアマゾンで探す
クリプトコリネ・コスタータを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・コスタータ
学名 Cryptocoryne costata
syn.=Cryptocoryne hansenii
和名
別名
科名 サトイモ科
原産 タイ
光量 強い
二酸化炭素 普通
水質 弱アルカリ性~弱酸性
硬度
水温 23~28℃
形態 ロゼット
栽培難易度 容易 普通

クリプトコリネ・コスタータをアマゾンで探す
クリプトコリネ・コスタータを楽天市場で探す

アジア原産の水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草