クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤクリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは河川に生育する沈水~湿生植物です。
水上、水中ともに丈夫で育成は容易です。クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤの由来には2つの説があります。
1つはトロピカ社が「クリプトコリネ・ウェンティ・ブラウン」を元に独自に作出した改良品種といわれる水草、
もう1つはスリランカのミオヤで採取された大型の個体の増殖株の水草とされるものです。クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは丈草20~35cmで、葉は葉柄よりやや短く、長さ8~15cm、幅3~5cmほどです。
葉の縁が波状になり、環境によって葉の色が様々に変化します。
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤの水上葉は濃いグリーンですが、水中葉になるとグリーン~ブラウンや、インパクトの強い赤紫色に変化します。クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは葉丈15cmほどの水上葉がポット入りで輸入されています。
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは入荷流通量は比較的少ないですが、珍しい水草ではありません。
東南アジアから入荷していますが、クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤとして熱帯魚店などで販売されている水草には、交雑種が多いので購入にあたっては注意が必要です。
クリプトコリネは全般にハイブリッド化(交雑)が進み、熱帯魚店などで入手できる水草は純粋種が少ないのが現状です。
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤの育て方は、その他のクリプトコリネ・ウェンティと同様です。
育成に関しては取り立てて難しいところはなく、若干溶けやすいことを除けば育てやすいクリプトです。
輸入直後の水上葉は溶けやすいので注意が必要ですが、すぐに水中葉を伸ばします。クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは少量の二酸化炭素(Co2)と底床肥料を添加すると、グリーンの葉がよく伸びます。
水質条件によってはブラウンに変化する姿を楽しめます。
じっくり育てたクリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは葉長15cmを超え、全体の長さも30cm近くになります。「クリプトコリネ・ウェンティ」の仲間の水草は比較的丈夫なクリプトコリネです。
しかし、葉が茶色いクリプトコリネは一般的に環境の急変で葉や茎が溶けやすく、特に輸入直後の水上葉は溶けやすいので、まずポットのまま底床に植えて、枯れた葉や茎をこまめに取り除きながら週に1/2~1/3ほど換水しましょう。
水中葉が4~5cmほどに育ったら、ポットから取り出して1株ずつ植えるようにします。
こうすると、水質の変化にもかなり対応してくれます。
また、「クリプトコリネ・ウェンティ」の仲間の水草を植えこむ前にはなるべく水槽のpHを低くしておくと良い結果が得られます。
このように、事前の準備をすることでクリプトコリネは最初から溶けずに育成することがでます。ポット入りの水上葉が水槽で栽培するにはよいですが、ポット入りのものはポットのみ外し、ロックウールはそのままで底床に植え込むのも1つの方法です。育成環境によって葉の色が茶色から緑色の間で変化することはありますが、育成はおおむね容易な部類なので水質の急変や植え替えを控えれば溶けて枯れてしまうことは少ないでしょう。
クリプトコリネ・ウェンティ・ブラウンは環境の変化、とくに水質には敏感ですから、それさえ避ければ育成は容易です。
たとえ葉が溶けた場合でも根が残っていれば復活してくることも多々あります。 施肥は底床肥料を補います。

水草の増やし方

クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤの増やし方は、株を切り離す方法です。クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは繁殖力が旺盛で、根の付け根にランナーの元になる種子のようなものを付け、葉を伸ばして子株を形成します。熱帯魚店などで販売されている株は、ほとんどが複数の株が絡み付いている状態ですから、ロックウールをはがしながら丁寧に株分けすると、結構な数の株が得られます。ポットのまま植えても問題はありませんが、増やすことを考えるのであればやはりポットから出したほうがよいでしょう。

水草水槽のレイアウト

クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤの水中葉は綺麗なオリーブ~茶褐色に変化し、センタープラントとしてレイアウトできます。赤系のクリプトとして水草水槽レイアウトのアクセントにも最適でしょう。じっくり育てたクリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤは葉長15cmを超え、全体の長さも30cm近くになりますので大型の水草水槽のレイアウトにも向いています。

クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤ
学名 Cryptocoryne wendtii “MiOya”
和名
別名
科名 サトイモ科
原産 改良品種(スリランカ)
光量 普通(20w蛍光灯1~2灯)
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 20~26℃
形態 根生植物 ロゼット 
栽培難易度 容易

クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤを楽天市場で探す

アジア原産の水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 改良品種の水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草, 赤系の水草