クリプトコリネ・ウンデュラータ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・ウンデュラータクリプトコリネ・ウンデュラータは河川に生育する沈水~湿生植物です。
クリプトコリネ・ウンデュラータは特にクリプトコリネの中でもとても丈夫なので、入門用としても扱われています。
クリプトコリネ・ウンデュラータは小型のクリプトコリネで、いかなる環境でも葉にウェーブがかかり、わずかに斑があるのが特徴の水草です。クリプトコリネ・ウンデュラータは以前、「クリプトコリネ・ウィリッシー (Cryptocoryne willisii)」という学名ででしたが、「クリプトコリネ・ウィリッシー」はクリプトコリネ・ネヴィリィ (Cryptocoryne nevillii)」の新しい学名になりました。
クリプトコリネ・ウンデュラータは「クリプトコリネ・ウィリッシー」に非常に近い種類で、水槽内では区別がつきにくい水草で、一説では同種であるとも言われている水草です。
そのため「クリプトコリネ・ウィリッシー」と共に「クリプトコリネ・アクセルロディー」として統一することもあります。
これらの水草は混同しやすく、注意が必要です。
また、クリプトコリネ・ウンデュラータの中でも特に葉の色が緑色の水草をクリプトコリネ・ウンデュラータ・グリーン、赤茶色の水草をクリプトコリネ・ウンデュラータ・レッドとして区別する場合や、葉の幅の広い水草をクリプトコリネ・ウンデュラータ・ブロードリーフとしている場合もあります。クリプトコリネ・ウンデュラータは草丈10~20cm、幅6cmほどで葉は葉柄とほぼ同し長さで、葉の長さは4~10cm、幅1~2.5cm、葉縁は細かく波打っています。
葉は5~10枚根生しています。
楕円状ヤリ形、鋭頭、基部は緩やかなクサビ形または円脚です。
クリプトコリネ・ウンデュラータは水槽環境によって葉の色彩は変化し、グリーンからオリーブ色、茶褐色、暗褐色です。
水中葉は成長するにつれて、徐々にに茶色身を帯びてくるのも特徴です。
赤褐色または褐緑色で葉縁のウェーブが細かく鮮明になります。水上では通常緑色またはやや茶緑色をしています。花は7.5cm位の仏炎苞に包まれた肉穂花序で、苞の下部は浅緑色で、上部は褐緑色です。
内側中央部は赤味がかる暗褐色になり、苞の先端は鋭尖頭です。クリプトコリネ・ウンデュラータは日本には東南アジアやヨーロッパからポット入りのものが輸入されていますが熱帯魚店などでは稀にしか市販されていないようです。
ほとんどの場合、水上葉の状態で入荷されていますが、水槽に入れるとすぐに水中はを伸ばすようになります。
クリプトコリネ・ウンデュラータをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウンデュラータを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・ウンデュラータは丈夫で育成は育て方が容易な水草です。
クリプトコリネ・ウンデュラータを育てるコツは光を十分に当てることです。
水槽内での水温、水質、光などの不良条件にもよく耐え、丈夫ですから初心者の方の入門用や二酸化炭素(Co2)を添加していない水草水槽にも最適でしょう。
クリプトコリネ全般に、溶ける性質があることから難しいと言われることがありますが、乱暴な管理をしなければ弱光、二酸化炭素無しで育つ丈夫な水草です。
水槽の温度が高温になる夏の暑さにも耐えてくれますので夏場に育つ水草としてもオススメです。クリプトコリネが溶けるのは枯れているのではなく新しい環境に適応するために葉を溶かしてすら新しい環境に馴染んだ葉を新しく出そうとしている為です。
ですから熱帯魚店などで購入して新しい環境の水槽に植えた時は熱帯魚店の水質と育てようとしている水槽の水質が違う時に溶けることがあります。
逆に水質の違いが少なければクリプトコリネが溶けることなく育てることができます。
葉が溶けたから枯れてしまったと判断するのではなく、新しい葉が出てくる準備だと知ると難しいクリプトコリネも育てるのは難しくないでしょう。
もしクリプトコリネが、溶けが始まったら、溶けてしまった葉を取り除き水槽の1/3程度の水換えをしましょう。
1~2週間すると新しい環境に馴染んだ新芽が出てきます。
通常体力のある状態のクリプトコリネは2~3回溶けても新しい葉を出すほど丈夫な水草なのです。
もちろん丈夫なクリプトコリネでも、水質の変化が大きいなど、ショックに耐えられない場合には根まで溶けてしまいます。この場合は枯れてしまった状態ですから、できるだけ水質の急変は避ける様にしましょう。クリプトコリネの溶けそうな葉の見つけ方があります。
葉の裏側を見て透明なポツポツとした斑点があるものは溶ける可能性があります。
水槽をよく観察して見つけたらハサミなどを使いカットしましょう。クリプトコリネ・ウンデュラータは底床は大磯砂など多少硬度があるものを好みます。ソイルを使え場合には水槽セット後三ヶ月ほど経過したこなれたソイルをが良いでしょう。
肥料はクリプトコリネをはじめロゼット型の水草はカリウムや窒素を好みますので適量を添加しましょう。

水草の増やし方

クリプトコリネ・ウンデュラータの増やし方は、株を切り離す方法です。

水草水槽のレイアウト

クリプトコリネ・ウンデュラータは前景のレイアウトに向いている美しい種類の水草です。
成長スピードはあまり速くないのでレイアウトを長く保つことができますが、レイアウト開始時はある程度の数量を揃えて植え込むと良いでしょう。
クリプトコリネ・ウンデュラータは大きさが環境により変化し、環境が良いと大型化しますが二酸化炭素などを添加していない環境であれば小さくなることが多いので小型水槽にレイアウトするのにも向いています。
小さな器に植えると、側面と水面の両方から楽しむことができます。
クリプトコリネ・ウンデュラータをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウンデュラータを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・ウンデュラータ
学名 Cryptocoryne undulata
syn.=Cryptocoryne axelrodii
=Cryptocoryne willisii
=Cryptocoryne psudobecketii
Cryptocoryne undulata Wendt
syn.=Cryptocoryne axelrodii Rataj
Cryptocoryne undulata “Green”
(クリプトコリネ・ウンデュラータ・グリーン)
Cryptocoryne undulata “Red”
(クリプトコリネ・ウンデュラータ・レッド)
和名
別名
科名 サトイモ科
原産 スリランカ
光量 普通
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 22~28℃
形態 根生植物 ロゼット 
栽培難易度 容易

クリプトコリネ・ウンデュラータをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウンデュラータを楽天市場で探す

アジア原産の水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草, 赤系の水草