クリプトコリネ・バランサエ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・バランサエクリプトコリネ・バランサエはタイ、スリランカなどに分布し、細長い水中葉をもつ代表的なクリプトコリネ類の水草です。クリプトコリネ・バランサエは凹凸のある細長い葉が特徴の比較的丈夫な水草です。
クリプトコリネ・バランサエは育成しやすいのでクリプトの入門種としてもお勧めです。
クリプトコリネのなかでは大型種で、育成条件がよいと70cm以上の長さになるほど大きくなります。クリプトコリネ・バランサエは、本来「クリプトコリネ・クリスパツラ・バー・バランサエ」です。
しかし「クリプトコリネ・クリスパツラ」と紹介する場合と「クリプトコリネ・クリスパツラ・バー・バランサエ」と分ける場合があります。
産地によってシワの浅い場合と、深い場合で視覚的に区別されているようです。
深い横ジワが入る水草が「クリプトコリネ・クリスパツラ・バー・バランサエ」、
葉幅がやや狭く、シワが浅く疎である水草が「クリプトコリネ・クリスパツラ」です。クリプトコリネ・バランサエの水上葉と水中葉の形状がかなりちがいます。
水上葉は短く、長さ約12cm前後、幅1~1.5cm位で、灰緑色の葉面には深い横ジワが入ります。
水中葉は幅が細いテープ状の縮れた葉で、葉縁に細やかなウェーブが入ります。
長さ30~70cm、幅1.5~2.5cm、テープ状、線形、鋭頭で基部狭脚やや翼状です。
葉柄は葉長より短く、基部で抱き合う形になっています。
葉のシワは水上葉とは大差なく、葉はシワによるウエープがあります。クリプトコリネ・バランサエの葉の色は環境によって明るいグリーンから深い緑、褐色がかかった緑色、茶色まで水質によって様々に変化します。
また、葉色は成長するにつれてライトグリーンからダークグリーンに変化します。
この細かなウェーブのかかったグリーンの葉はレイアウトでも目立つ存在です。
クリプトコリネ・バランサエは他のクリプトコリネほど葉数は多くはなりません。花序は15~25cmの長さで、円筒形の基部の上方は仏炎包に開く苞があり、内部は赤褐色の紫色斑におおわれています。クリプトコリネ・バランサエはたいていの熱帯魚ショップで入手きるポピュラーなクリプトコリネで、クリフトコリネで、コンスタントに入荷しています。
クリプトコリネ・バランサエをアマゾンで探す
クリプトコリネ・バランサエを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・バランサエは水槽ではほとんど失敗することのない、丈夫で美しい水草です。
二酸化炭素(Co2)を添加しなくても充分に育成できる水草ですが、添加したほうが生長も早く、葉色も明るくなります。
成長が比較的遅いですが、根張りが強いので二酸化炭素(Co2)を添加し、底床添加肥料を添加したほうがよく育ちます。
肥料は固形肥料を中心に添加します。
一般にクリプトコリネの仲間は、何らかのストレスがかかると、すべて溶けてしまうことがありますが、クリプトコリネ・バランサエは、水上葉の移植時に溶けやすいので注意が必要です。
水質が変わると葉が溶けるように落ちてしまい、ランナーが残つていると再び成長し始めます。

水草の増やし方

クリプトコリネ・バランサエはの増やし方は子株を切りはなす方法です。クリプトコリネ・バランサエは水質に対する適応力は強く丈夫ですが繁殖力はそれほど強くなく、ランナーはあまり出ません。調子が良いと地下茎を伸ばして子株を作る性質があります。

t

水草水槽のレイアウト

クリプトコリネ・バランサエは細かなウェーブのかかったグリーンの葉で、水草水槽レイアウトでもとても目立つ存在です。
条件のよい水草水槽で育成すると、草丈が50~60cm以上に育つことも珍しくないので、水深が45cm以上ある水槽では、中景から後景にレイアウトすることができます。
一本植えとしてレイアウトしても、まとめ植えでレイアウトしても良いでしょう。
細長い凸凹を持つ葉で幅広い色彩変異があり、飽きのこない優雅なレイアウトが楽しめます。 水中から出してアクアテラリウムなどにレイアウトして育てると、サトイモ科特有の仏炎苞をもつ花が咲くことがあります。
水上栽培で、さらにこのような花を楽しむのもアクアリストの醍醐味ですね。
クリプトコリネ・バランサエをアマゾンで探す
クリプトコリネ・バランサエを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・バランサエ
学名 Cryptocoryne balansae
syn.=Cryptocoryne crispatula var. balansae
=Cryptocoryne crispatula
=Cryptocoryne longispathe
=Cryptocoryne somphongsii
和名
別名 クリプトコリネ・クリスパツラ
クリプトコリネ・クリスパツラ・バー・バランサエ
科名 サトイモ科
原産 アジア、インドシナ、タイ、ミャンマー、中国南部
光量 普通 (20W蛍光灯X2~4本)
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質 弱酸性~中性
硬度 軟水~中硬水
水温 22~28℃
形態 根生植物 ロゼット 
栽培難易度 容易 普通

クリプトコリネ・バランサエをアマゾンで探す
クリプトコリネ・バランサエを楽天市場で探す

アジア原産の水草, アルカリ性に強い水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草, 黄緑系の水草