サジタリア・テレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:サジタリア・テレスサジタリア・テレスは北米南東部の浅い水のある場所や湿地などに生える小型の水草です。
自然下では、酸性の水中で生育しています。
サジタリア・テレスの和名はセイヨウウリカワです。サジタリア・テレスは先端が尖るライトグリーンの葉をロゼット状に出す抽水性の水草です。
水槽内では、育成条件によって葉長を変化させますが、細長い葉をロゼット状に出し、ランナーで繁殖します。通常草丈が12cm程度で、テープ状の葉は長さ5cm~15cm、葉幅0.5cm~0.8cm程度の大きさになります。
まれに大きくなり20cm近くに達することもあります。
水上葉は線状のダークグリーン、鋭頭全縁で、束生して5~15枚の葉を出します。
水中葉では線状葉が外側に大きくそり返り、草丈が葉の長さより低く見えます。花は葉より高い花茎を出して、上部に総状花序を作り、3弁の白い花が咲きます。サジタリア・テレスは「ピグミーチェーン・サジタリア」によく似ている水草ですが、「ピグミーチェーン・サジタリア」より葉幅が広いことで区別できます。熱帯魚ショップなどでは水上葉で販売されていることが多い水草です。
サジタリア・テレスをアマゾンで探す
サジタリア・テレスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

サジタリア・テレスは水草水槽でも強光下で丈夫に育つ水草ですが、やや低水温が望ましいでしょう。
サジタリア・テレスの水上葉を水中葉にするには強めの光と底床添加肥料を与えると良いでしょう。
サジタリア・テレスは過密な状態を放置しすぎると底床が汚れて、古い葉にコケが付いてしまう場合があります。
コケが付くと光量不足で葉が枯れはじめてしまうので、その前に早めにトリミングして対処すると美しい状態に保つことができます。
水中では、二酸化炭素の添加でより美しく成長します。
サジタリア・テレスは水上栽培も可能です。

水草の増やし方

サジタリア・テレスは条件が合えばランナーを伸ばして楽しいほどどんどん殖える水草です。楽しすぎて過密に繁殖してしまうので根にハサミを入れてカットすると成長を遅らせることもできます。サジタリア・テレスはよく殖えるので古い株ごと間引いてしまうのも1つの方法です。

水草水槽のレイアウト

サジタリア・テレスはアクアリウムの前景に適した水草です。

「ピグミーチェーン・サジタリア」と同様なレイアウトの使い方をします。
日本式アクアリウムでは、岩石や流木の前に面積を広く繁殖させることで水槽に明るさを与え、ヨーロッパ式アクアリウムでは、クリプトコリネ・ベケッティやペッチィなどとの取り合せも良いです。
サジタリア・テレスをアマゾンで探す
サジタリア・テレスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 サジタリア・テレス
学名 Sagittaria teres
Syn.=Sagittaria graminea var. teres
和名 セイヨウウリカワ
別名 ミクロサジタリア
科名 オモダカ科
原産 北米南東部(北米~南カロライナ地区)
光量
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質
硬度
水温 18~28℃
形態 テープ状
栽培難易度 容易 普通

サジタリア・テレスをアマゾンで探す
サジタリア・テレスを楽天市場で探す

オモダカ科の水草, テープ状水草, 北アメリカ(北米)原産の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草