サジタリア・ロンギロバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:サジタリア・ロンギロバサジタリア・ロンギロバは葉長が40cm近くにもなるサジタリアの仲間の水草です。
直径1~2cmの球状根塊があります。日本には10cmほどの葉を5~6枚付けたものが東南アジアの水草ファームから輸入されています。
球根だけで入荷することもあります。
サジタリア・ロンギロバをアマゾンで探す
サジタリア・ロンギロバを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

入荷直後のサジタリア・ロンギロバは弱っている場合が多いので水槽に1~2日ほど浮かせて、その後底床に植えると良いでしょう。
サジタリア・ロンギロバを水槽内で育成した場合は、比般的丈夫なので二酸化炭素(Co2)を添加しなくても底床肥料さえ与えれば充分に育成できます。
二酸化炭素(Co2)を添加すると、さらに生長がよく、丈夫に育ちます。
わずかに発芽している球根はすぐに植え込まず、水面に浮かべておき2~3cm以上発根してから植え込むようにします。
肥料分が十分あると、葉長は40cmにも達します。

水草の増やし方

サジタリア・ロンギロバは地下茎によって繁殖します。

t

水草水槽のレイアウト

比較的大型の水草であるサジタリア・ロンギロバは水草レイアウト水槽の中景~後景に適しています。
葉の幅もあるので60cm標準水槽ではボリュームのあるレイアウトを作ることができます。
サジタリア・ロンギロバをアマゾンで探す
サジタリア・ロンギロバを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 サジタリア・ロンギロバ
学名 Sagittaria longiloba
和名
別名 サギタリア ロンギロバ
科名 オモダカ科
原産 中米 北米南部 メキシコ
光量 普通 (20w蛍光灯×2~4本)
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水~硬水
水温 18~28℃
形態 テープ状
栽培難易度 普通

サジタリア・ロンギロバをアマゾンで探す
サジタリア・ロンギロバを楽天市場で探す

オモダカ科の水草, テープ状水草, 北アメリカ(北米)原産の水草, 南アメリカ(南米)・中央アメリカ(中米)原産の水草, 大型水槽にレイアウできる水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の前景に レイアウトする水草