ジャイアント・アマゾンチドメグサ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:ジャイアント・アマゾンチドメグサジャイアント・アマゾンチドメグサは日本に自生する「アマゾンチドメグサ」の仲間でハイドロコタイル・アクティカとも呼ばれる水草です。ジャイアント・アマゾンチドメグサは長い茎の先にライトグリーンの円形葉が付く水草で、円形の葉の縁にはいくつもの切れ込みがはいります。
以前は「ハイドロコタイルsp.」という名称で多く流通していましたが最近はあまり流通していません。
ジャイアント・アマゾンチドメグサをアマゾンで探す
ジャイアント・アマゾンチドメグサを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

ジャイアント・アマゾンチドメグサはとても成長の早い水草で、特に肥料やや二酸化炭素(Co2)を添加しなくても水上葉を水中葉にすることができます。
すぐに大きくなるのでこまめなトリミングをすると良い。

水草の増やし方

ジャイアント・アマゾンチドメグサは地下茎を伸ばして殖える水草です。

水草水槽のレイアウト

アマゾンチドメグサは長さを調節することで、前景~後景まで使用できる水草です。アマゾンチドメグサは、多くの水草とも良くマッチし、アクアリウム水槽の後景や中景草としてレイアウトできます。ヨーロッパ式アクアリウムでは数本~十数本のまとめ植えが良く似合い、またセンタープランツとしてもレイアウトされます。日本式アクアリウムでは、流木や岩石によく溶け込むので1~2本を岩石や流木に這い上がるように植え込むと、日本式ならではの情景をレイアウトできます。茎節から出た4~5cmの側枝を、前景草としてまとめ植えするのも良いです。この場合、水深が深くなることから、光量が少なくなるために生長が遅く、長期間にわたって情景を崩すことなく保つことができます。トリミングは、茎下部を切断し、再び砂中に深く差し込めば良いです。

ジャイアント・アマゾンチドメグサをアマゾンで探す
ジャイアント・アマゾンチドメグサを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 ジャイアント・アマゾンチドメグサ
学名 Hydrocotyle Aquatica
和名 ジャイアント・アマゾンチドメグサ
別名 ヒドロコティレ・アクティカ
ハイドロコタイル・アクティカ
科名 セリ科
原産 日本
光量 普通(20w蛍光灯×2~4本)
二酸化炭素 多い必要なし~少なめ
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 20~30℃
形態 有茎
栽培難易度 容易

ジャイアント・アマゾンチドメグサをアマゾンで探す
ジャイアント・アマゾンチドメグサを楽天市場で探す

アジア原産の水草, セリ科の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 日本の水草, 有茎水草の仲間, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草, 黄緑系の水草