アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)イエローアマニアと呼ばれる水草には3種類あります。
「アマニア・グラキリス・グランデュローサ (Ammania gracilis forma glandulosa)」
「アマニア・ラティフォリア (Ammannia latifolia)」
「ネサエア・ベディケラータ (Nesaea pedicellata)」ここでは「アマニア・グラキリス・グランデュローサ (Ammania gracilis forma glandulosa)」について解説しています。アマニア・グラキリス・グランデュローサは、赤い水草として人気の高い「アマニア・グラキリス」の色彩変異とされている水草です。
アマニア・グラキリス・グランデュローサは「アマニア・ラティフォリア(Ammannia latifolia)」と混同されやすく、どちらも「イエローアマニア」と呼ばれていますが、アマニア・グラキリス・グランデュローサの方がずっと大型です。アマニア・グラキリス・グランデュローサは、黄色い大型の葉を互生します。
葉は結円状披針形で長さ約4~6cm、幅0.8~1cmくらいで鈍頭、全縁です。
茎は太く、黄緑色で4「アマニア・ラティフォリアAmmannialatifolia」のように稜線は目立ちません。
基部はクサビ状になっています。アマニア・グラキリス・グランデュローサは、水上葉は黄緑色または紅緑色ですが、水中葉は柔軟化し、紅茶色または浅紅緑色となり、葉長は8cm以上に伸びます。花は葉腋に散形花序を作ります。アマニア・グラキリス・グランデュローサは入荷が稀でとても珍しく高価な水草でした。
最近は比較的入手しやすくなり、価格も安価になっていますが、水草の品揃えのいい専門店では入手できますが、見かけることの少ない種類といえるでしょう。
アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)をアマゾンで探す
アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)を楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アマニア・グラキリス・グランデュローサは水中への適応性は高い水草です。
大型の水草で見栄えがしますが、育成はやや難しく、二酸化炭素(Co2)の添加と、肥料の使用がポイントになります。
水草育成用の底床の使用は有効です。
アマニア・グラキリス・グランデュローサの育成はやや難しく、よい水質を絶えず維持することが大切です。
フィルターのろ過機能が十分に働いていていることと、定期的な換水を葉行することが大切なポイントになります。アマニア・グラキリス・グランデュローサのように育成の難しい種類では、二酸化炭素(Co2)の強制添加方式が適しています。
二酸化炭素(Co2)の強制添加方式は電磁弁と連動させたタイマーで一定量の二酸化炭素(Co2)を連続して水中に溶け込ませることのできるので、毎日欠かさずに、一定量の二酸化炭素の添加を行えます。水草の生育環境も良好に保ち、安定した水質になります。

水草の増やし方

アマニア・グラキリス・グランデュローサの増やし方は簡単です。
草数を殖やすには、草文が15cmほどに達した時点で頂葉から7~8を切り取り、明るい場所に植えるとよいでしょう。
もとの葉からは側芽が伸びます。

水草水槽のレイアウト

アマニア・グラキリス・グランデュローサは十分に成長したものが後景に使われるほか、他の種類と植え合わせて、ポイント的にレイアウトされることも多いです。
アマニア・グラキリス・グランデュローサは有茎の水草の中では、大型になる種類です。
状態よく育ったアマニア・グラキリス・グランデュローサは、その美しさにだれもが魅了されます。アマニア・グラキリス・グランデュローサはアクアリウムのレイアウトでは、センタープランツとしても十分な美しさと迫力があります。
また4~5本の区画でも見事なポイントになります。アマニア・グラキリスは色彩、形状ともに装飾的な効果をあげることができる、美しい水草です。
高濃度の二酸化炭素(Co2)と強い光量の条件下では、水上葉に匹敵するほど太く立派な水草になるので非常に見応えがあります。
水中葉が赤く染まる立派な姿や、斜め上方に伸びる葉の美しさは、見る人の目を引きつけます。アマニア・グラキリス・グランデュローサは水中葉を左右に大きく伸ばします。
水面目指して直立して生長するので、きれいにまとめ植えすると、水草レイアウトではとても目を引く存在になります。
非常に装飾的な赤系の有茎水草で、やや斜め上に向かって直線的に付く葉は他の水草にないシャープな美しさで、ダッチアクアリウムでは傾斜状にレイアウトし、レイアウト全体を引き締める区画として用いられます。
ただ、過密な密植には向かないので大きく育ってきたら間隔を開けながら早めに植え直したほうがよいでしょう。
アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)をアマゾンで探す
アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)を楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アマニア・グラキリス・グランデュローサ
学名 Ammania gracilis forma glandulosa
和名
別名 イエローアマニア
科名 ミソハギ科
原産 アフリカ熱帯域
光量 強い (20W蛍光灯×3~4本)
二酸化炭素 必ず添加
水質 弱酸性~中性
硬度 軟水~弱硬水
水温 20~27℃
形態 有茎
栽培難易度 難しい

アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)をアマゾンで探す
アマニア・グラキリス・グランデュローサ (イエローアマニア)を楽天市場で探す

アフリカ原産の水草, ミソハギ科の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 黄緑系の水草