グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アルテルナンテラ・オキップスアルテルナンテラ・オキップスはグリーンレインキーとも呼ばれる水草です。
「アルテルナンテラ・ロサエフォリア」もグリーンレインキーと呼ばれていますが別の水草です。アルテルナンテラ・オキップスは独特の葉の表面の黄緑~赤オレンジ色と葉裏の赤紫のコントラストが大変美しい水草です。
アルテルナンテラ・オキップスの葉は披針形、鈍頭、全縁、両面とも平滑です。
葉序は十字対生、葉形は披針形、円頭凸端、葉縁はわずかに波立ち微鋸歯です。
葉の基部は漸鋭尖形、無柄です。
水上葉の形状と水中葉の形状は似ています。
茎は直立または斜上し、円柱形の茎は径1.5mmで通常、紅色または淡紅緑色をしています。
葉柄は4~6mm軟質、浅緑色または黄緑色の対生で水中葉は裏側は紅色になります。アルテルナンテラ・オキップスの花は、各葉腋に通常2個、1節に4個以上生じるのが特徴です。
形は頭状ですがやや長く、青白色に淡い紅色が混じっています。アルテルナンテラ・オキップスは市販されているのは、ほとんどが水上葉です。
グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)をアマゾンで探す
グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)を楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アルテルナンテラ・オキップスは水中生活に適応しやすいですが、育成には二酸化炭素(Co2)が必要です。
二酸化炭素(Co2)の濃度や肥料農度によって、色彩や形状に変化が見られます。
有茎草の中では比較的生長が遅く、60cm水槽で3灯以上、二酸化炭素(Co2)添加あり、酸性から中性の水質で育成すると良いでしょう。
生長が遅く、藻類が付着しやすいので、ヤマトヌマエビなどを入れると良いでしょう。
底床はソイルか砂が良いでしょう。
施肥は底床と水中の肥料分を使用します。

水草の増やし方

アルテルナンテラ・オキップスは茎の節間から根が出やすく、その直ぐ下程度で差し戻して増やします。

水草水槽のレイアウト

水中で全草体に淡い紅色が現われて、優しい美しさが楽しめる水槽向きの水草です。
アルテルナンテラ・オキップスは一種独特の雰囲気を持つ魅カ的な水草です。
グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)をアマゾンで探す
グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)を楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アルテルナンテラ・オキップス
学名 Alternanthera ocipus
和名
別名 グリーンレインキー
アルテルナンテラ・トサエフォリア
科名 ヒユ科
原産 東南アジア
光量 強い
二酸化炭素 多い
水質
硬度
水温 20~30℃
形態 有茎
栽培難易度 容易 普通

グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)をアマゾンで探す
グリーンレインキー(アルテルナンテラ・オキップス)を楽天市場で探す

アジア原産の水草, ヒユ科の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草, 赤系の水草