ニューオランダプラント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:ニューオランダプラントニューオランダプラントは1989年頃から輸入され始めました。
オランダとは関係なく、東南アジア原産です。
「オランダプラント」とは別種ですが、水中葉が「オランダプラント」の仲間に極似するところから、ニューオランダプラントの商品名で通称するようになりましました。
ニューオランダプラントは「オランダプラント」が属するシソ科ミズトラノオ属ではなく、ゴマノハグサ科オオアプノメ属に入ります。茎はほぼ円柱形で、淡い赤から紫色で直立しています。
葉は3輪生、無柄、無毛、紫緑色、ヤリ形、狐低鋸歯縁(ギザギザがある葉)やや肉質、長さ2~4cm、幅4~7mmほどです。
水中葉は膜質で淡紅色になり華麗です。
水中葉は、水面を目指して生長していきますが、途中で適度に枝分かれして茎を増やしていきます。花は多数の小花が密集する穂状花序です。熱帯魚ショップに水上葉で市販されている場合が多いです。
ニューオランダプラントをアマゾンで探す
ニューオランダプラントを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

熱帯魚ショップに入荷する水上葉は、全体にやや赤味がかかっていますが、二酸化炭素(Co2)の添加を行った水中で育成すると、明るい緑色の美しい水中葉を展開してくるようになります。
強い光と多めの二酸化炭素(Co2)を添加して育成すると、3~4日で水中葉を伸ばし始め、水面に近づくにつれ、側枝を伸ばすようになります。
生長が早く、白く比較的太い根を張るので、定期的に底床肥料を与えるとよいでしょう。
二酸化炭素の添加を行っている水槽では、比較的容易に育成できます。

水草の増やし方

ニューオランダプラントを殖やすには、頭頂部から15cm程度の長さに切った茎を底床に植え込むだけでよいでしょう。容易に根づき、生長を始めます。

有茎水草の増やし方はいろいろあり、どの増やし方も簡単です。
最も一般的で、初心者の方にもおすすめの増やし方は「さし芽」によって繁殖させる方法です。
有茎水草がある程度伸びたら草体のほぼ真ん中で切ります。
茎の途中の節に根が出ている場合はその場所で切るのも良いでしょう。
切断する位置は茎の節の下から5mmほどの所です。
切り取った上の部分を底床に植えて固定すれば、やがて根付きます。
残った下部もまた同様に底床に植えて固定すれば、やがて脇芽を出して増やせます。
側枝を作る場合も多く、側枝が水面まで伸びてきたら、また茎節の下5mmの位置でカットして床砂に植えます。
こうしてどんどん増やすことができます。「取り木」よる方法もあります。
有茎水草が底床に根付いている状態で、そのまま茎を寝かせ、茎頂辺りを石などで軽く固定します。
すると、やがて茎節から新芽と根が出てきます。
新芽が5cmほどに生長したらそれぞれをカットし、新たに植え直します。

水草水槽のレイアウト

ニューオランダプラントの水中葉はとてもきれいになり、まとめ植えすると、すばらしい水景が作り出せます。
中景から後景にレイアウトすると赤色の葉を密植てき、美しい水景になります。
ニューオランダプラントは太い茎に大輪葉を付けた育成状態の良いものはセンタープラントとしてアクアリウムで使用できます。
センターに数本レイアウトすれば水槽がよく映えます。
ニューオランダプラントをアマゾンで探す
ニューオランダプラントを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 ニューオランダプラント
学名 Gratiola sp.
和名
別名
科名 ゴマノハグサ科
原産 北米、東南アジア
光量 強い 20w蛍光灯×3~4本
二酸化炭素 普通
水質 弱酸性~弱アルカリ性 pH:5~7.5
硬度 中硬水 kH:0~6 GH:0~6
水温 20~28℃
形態 有茎
栽培難易度 普通

ニューオランダプラントをアマゾンで探す
ニューオランダプラントを楽天市場で探す

アジア原産の水草, アルカリ性に強い水草, ゴマノハグサ科の水草, 北アメリカ(北米)原産の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 赤系の水草