セイヨウキクモ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:セイヨウキクモセイヨウキクモは湿地や池沼や河川などに生育する沈水~湿生植物で浅水域に群生します。
日本の一部に自生するとの説もあります。
「アンブリア」同様、とても丈夫な水草なので、主に入門用として扱われています。セイヨウキクモは別名セイヨウアンブリアと呼ばれますが、「アンブリア」の仲間の水草とよく似ていて、しばしば混同されます。「アンブリア(Limnophila sessiliflora)」=「キクモ」、「ジャイアント・アンブリア(Limnophila aquatica)」=「オオセイヨウキクモ」に似ています。
水槽内では「ジャイアント・アンブリア」よりセイヨウキクモのほうがひと回り以上小さく、直径が10cmを超えることはありません。
「アンブリア」より、セイヨウキクモのほうが一回り大きくなります。
「アンブリア」は萼の毛が目立ちますがセイヨウキクモは無毛か微毛散生で、萼筒が細長く、小葉片が幅広いことで見分けることができます。大きさは「ジャイアント・アンブリア(オオセイヨウキクモ)」>「セイヨウアンブリア(セイヨウキクモ)」>「アンブリア(キクモ)」となります。セイヨウキクモの水上葉は青緑色10長さ2cmあまりで無柄、披針形で羽状に中裂、時に深裂します。
水中葉は浅緑色に変わり、葉片は長くなり、羽状に糸餞緞します。
セイヨウキクモ水中形は茎は円柱形で太く、有毛、径5~6mm、葉は羽状全裂で、4~14輪生してつき、長さ2.5~3.5cm、裂片はきわめて繊細です。
横走する白色の地下茎から細根をだし、茎は叢生して直立または斜上し、軟毛を散生します。
水中葉、水上葉を問わず茎に軟毛を有します。セイヨウキクモの花は上部葉腋に単生し無柄で専片は浅く5裂し、無毛または微毛を散生。
花冠は淡紫色の2唇形で上唇は2裂、下唇は3裂し、下部は合着して長さ12mm位。
「アンブリア」より長い筒状になります。セイヨウキクモは熱帯魚ショップによっては、「ニセ・ジャイアント・アンブリア」の名前で販売されていたり、「ジャイアント・アンブリア」として販売されることもあります。
セイヨウキクモをアマゾンで探す
セイヨウキクモを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

セイヨウキクモの育成は少し難しいですが、底床中の栄養が豊富で照明が明るい水槽ではよく育ちます。
アンフリアの仲間の水草の中では最も丈夫で育成しやすい種類です。
環境が崩れると枯れやすいので注意しましょう。セイヨウキクモは二酸化炭素(Co2)の濃度が高いと、節間が長くなり、容姿が乱れるので注意が必要です。
特に弱い光だと間延びしやすいです。
二酸化炭素(Co2)を適度に添加すると育成は容易で、生育は速いです。セイヨウキクモは環境への適応力は小さく、状態が良いか、悪いかのどちらかにかたよりやすく、中間的な状態でいることは少ないです。
二酸化炭素(Co2)の添加量過多は節間を間延びさせるので、適量が肝心です。

水草の増やし方

セイヨウキクモは挿し木やランナーによって繁殖します。有茎水草の増やし方はいろいろあり、どの増やし方も簡単です。
最も一般的で、初心者の方にもおすすめの増やし方は「さし芽」によって繁殖させる方法です。
有茎水草がある程度伸びたら草体のほぼ真ん中で切ります。
茎の途中の節に根が出ている場合はその場所で切るのも良いでしょう。
切断する位置は茎の節の下から5mmほどの所です。
切り取った上の部分を底床に植えて固定すれば、やがて根付きます。
残った下部もまた同様に底床に植えて固定すれば、やがて脇芽を出して増やせます。
側枝を作る場合も多く、側枝が水面まで伸びてきたら、また茎節の下5mmの位置でカットして床砂に植えます。
こうしてどんどん増やすことができます。「取り木」よる方法もあります。
有茎水草が底床に根付いている状態で、そのまま茎を寝かせ、茎頂辺りを石などで軽く固定します。
すると、やがて茎節から新芽と根が出てきます。
新芽が5cmほどに生長したらそれぞれをカットし、新たに植え直します。

水草水槽のレイアウト

セイヨウキクモは全体が淡いグリーンで綱かい葉を密に付ける存在感のある水草です。
中景から後景に数本のまとめ植えでレイアウトすることが多いでしょう。
柔らかな羽状の葉を密に伸ばすセイヨウキクモの頂業部は黄色味を帯びたライトグリーンの葉色で、レイアウトに穏やかな印象を与える水草として使用できます。
セイヨウキクモをアマゾンで探す
セイヨウキクモを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 セイヨウキクモ
学名 Limnophila heterophylla
和名 セイヨウキクモ
別名 セイヨウアンブリア
科名 ゴマノハグサ科
原産 インド、タイ、マレーシア、フィリピン、東南アジア
光量 普通 20w蛍光灯×3~4本
二酸化炭素 少なめ
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 20~28℃
形態 有茎
栽培難易度 やや難しい

セイヨウキクモをアマゾンで探す
セイヨウキクモを楽天市場で探す

アジア原産の水草, ゴマノハグサ科の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草