サモラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:サモラスサモラスは、「ウォーターローズ(Samolus parvinflorus)」と同種であるという説もあります。
サモラスは、「ウォーターローズ」として市販されているものより大きな状態で入荷されます。サモラスは水辺に生育する沈水~湿生植物です。
サモラスはウォーターローズのように、バラのような美しい水中葉を伸ばす水草です。
水中葉はロゼット状ですが、15cmほどの茎を伸ばすこともあります。サモラスは水上では葉は根生し、長い葉柄があり、倒卵形で、長さ4~12cm、幅2~5cm、下側にややそり返ります。
水中では小型となり、葉は長さ3~6cmほどです。
サモラスは育成は強光がよく、太陽の直射が当たる水槽ではよく生育します。
株の中心から葉が互生する茎を伸ばし、総状花序をつくり白い花を咲きます。サモラスはテラリウム内では高温多湿でも成長し、ロゼット状に葉を広げたのち茎を伸ばします。
草丈が20cm程度になると茎項に小さな白い花を無数に咲きます。
サモラスをアマゾンで探す
サモラスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

CO2を多めに添加して育成させると、一株につき葉を20枚ほど伸ばし、葉の長さも5~10cmに育ちます。サモラスは一般的軟水中では弱酸性~弱アルカリ性と幅広い水質に適応するものの、意外に育成が難しい種類の水草です。
そして、長期育成はかなり難しい水草といえます。市販されるサモラスの型状には、ロゼット型とそれがさらに成長し茎を有する(根生)ものの2タイプがありますが、購入にあたってはロゼット型をえらぶとよいでしょう。
根生したサモラスは、水中でそのまま成長するが側枝を出すなどしてサモラス独特の美しい姿を見ることはできません。
ロゼット状をしたサモラスは、強目の光を与え、二酸化炭素(Co2)の添加を行なえば、時間はかかるものの、しだいに水中葉を増し、サモラスの名前にふさわしいグリーンのバラの花を見ることができます。サモラスは高水温には弱く、水温が25℃以上になったり、照射する光が弱過ぎたりすると、それが原因で成育環境が悪化し、成長を止めて枯れてしまうことも多いです。
また育成の際には、二酸化炭素(Co2)の添加や底床添加肥料の使用も必要です。サモラスは藻類が非常に付着しやすいので、育成にはアルジイーターなどが欠かせないでしょう。

水草の増やし方

有茎水草の増やし方はいろいろあり、どの増やし方も簡単です。
最も一般的で、初心者の方にもおすすめの増やし方は「さし芽」によって繁殖させる方法です。
有茎水草がある程度伸びたら草体のほぼ真ん中で切ります。
茎の途中の節に根が出ている場合はその場所で切るのも良いでしょう。
切断する位置は茎の節の下から5mmほどの所です。
切り取った上の部分を底床に植えて固定すれば、やがて根付きます。
残った下部もまた同様に底床に植えて固定すれば、やがて脇芽を出して増やせます。
側枝を作る場合も多く、側枝が水面まで伸びてきたら、また茎節の下5mmの位置でカットして床砂に植えます。
こうしてどんどん増やすことができます。「取り木」よる方法もあります。
有茎水草が底床に根付いている状態で、そのまま茎を寝かせ、茎頂辺りを石などで軽く固定します。
すると、やがて茎節から新芽と根が出てきます。
新芽が5cmほどに生長したらそれぞれをカットし、新たに植え直します。

水草水槽のレイアウト

サモラスはアクアリウムでは前景草としてレイアウトでき、個性的なサモラスはひときわ目を引く存在になります。
サモラスは、草丈が低いものが多く、成長も比較的緩やかなので、前景用の水草として使用しやすいです。
サモラスの卵形のライトグリーンをした葉は存在感があり、レイアウトでも前景のポイントとして最適です。
サモラスをアマゾンで探す
サモラスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 サモラス
学名 Samolus valerandi
和名
別名
科名 サクラソウ科
原産 アメリカ
光量 強い 20W蛍光灯×3~4本
二酸化炭素 普通
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 18~28℃
形態 有茎・ロゼット状
栽培難易度 難しい

サモラスをアマゾンで探す
サモラスを楽天市場で探す

サクラソウ科の水草, ロゼット状の水草, 北アメリカ(北米)原産の水草, 南アメリカ(南米)・中央アメリカ(中米)原産の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 黄緑系の水草