アポノゲトン・ウンデュラータス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アポノゲトン・ウンデュラータスアポノゲトン・ウンデュラータスはアポノゲトンの仲間の水草では、日本の水に適する、非常に丈夫で良く知られている水草です。
アポノゲトン・ウンデュラータスは幅の狭いウェーブを持つ葉の美しい水草で、アポノゲトン・クリスブスと並び、安価でポピュラーなアポノゲトンの仲間です。アポノゲトン・ウンデュラータスは長さ2~4cmの細長い塊茎を有し、長い葉柄に先端の尖った線状長楕円形の葉を付けます。
塊茎から葉を束生し、葉柄は約20~40cmになります。アポノゲトン・ウンデュラータスは浮葉を形成しやすく、また花柄を水面上にのばし、棒状の白色穂状集合花を咲きます。
浮葉は広卵形、全線で、水中葉はテープ状、長楕円形鈍頭、基部はゆるやかなクサビ形をしています。
濃い緑色または鮮やかな緑色で縦横の葉脈の間に所々方形の窓のような組織の変色が見られるのが特徴のひとつとなっています。
アポノゲトン・ウンデュラータスの花は単穂状で白色の小花が咲きます。
水槽内でも花柄(花芽)を上げ、水面上で白色の穂状集合花を付けることがあります。アポノゲトン・ウンデュラータスは全草の外見はアポノゲトン・モノストラキウスに似ています。
また、アポノゲトン・スタキオスポルスと極似します。アポノゲトン・ウンデュラータスはアポノゲトン・クリスブスに似ているのですが、アポノゲトン・ウンデュラータスのほうがやや水中葉の幅が狭く、葉縁の波打ち形が弱いことで区別できます。
グリーンないし茶味をおびた葉は、アポノゲトン・クリスブスより幅が広く、大形でゆるやかなウェーブがかかるのです。
ただし最近は、このアポノゲトン・ウンデュラータスとアポノゲトン・クリスブスの2種は交雑が進み、中間的な草体が少なくないのです。アポノゲトン・ウンデュラータスは熱帯魚ショップでの流通はあまり多くありません。
アポノゲトン・ウンデュラータスをアマゾンで探す
アポノゲトン・ウンデュラータスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アポノゲトン・ウンデュラータスは水中葉で長く生きられる種であり、水槽向きで、塊茎があって丈夫で育てやすい一般的なアポノゲトンです。
アポノゲトン・ウンデュラータスは栽培は容易ですが、生長が速いですね。
適応範囲はpH5.5~7.8、強軟水~弱硬水、水温30℃でも育てることができます。
水温は30℃でも育てることができます。
高光量水槽では葉柄も葉も小さくなるのはアポノゲトン類全体に言えることです。
アポノゲトン・ウンデュラータスの底床素材はソイル、砂が良いです。
サンゴ砂を用いた水槽でも育ちますが、理想的にはそれらを除いた方が良いですね。

水草の増やし方

アポノゲトン・ウンデュラータスは塊茎から匍匐枝を出して小株を形成します。底床に肥料を加えるのが良く、匍匐するように枝が出て発芽します。しばらくするとその部分に新しい塊茎が形成されるので、葉が10cm程度に伸びた時、匍匐枝を切断して親株から独立させ、塊茎を底床に植えます。アポノゲトン・ウンデュラータスは植えた時点では葉が小さいため、光量を多少強くするのが良く、長い葉柄を持つ葉が出るようになったら、元の光量に戻すようにします。2~3ヶ月後には大型の葉を伸ばし、親株と変らないほどになります。

水草水槽のレイアウト

アポノゲトン・ウンデュラータスは大型水槽のまとめ植えか、小型水槽では一本植えとして利用します。葉は緑にウェーブがかかり、わずかに黒味のあるライトグリーンになります。低光量下では60cm以上にも伸びる事があり、大きくなると葉柄は30cm以上になります。高さ36cmの水槽では葉柄が水面にまで達し、葉が水面を覆ってしまうのでアポノゲトン・ウンデュラータスは大型水槽用により適した水草と言えるでしょう。アポノゲトン・ウンデュラータスは葉柄が長いことから、水槽の奥隅に植えられることも多いですね。条件によっては葉柄はそれほど長く伸びず、レイアウトの中ほどに使用することができます。アポノゲトンの仲間は、その美しい草体の形を楽しむには、水流は緩やかなほうが葉はきれいに展開し、より美しく見えます。
アポノゲトン・ウンデュラータスをアマゾンで探す
アポノゲトン・ウンデュラータスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アポノゲトン・ウンデュラータス
学名 Aponogeton undulatus
和名
別名 アポノゲトン・ウンドゥラトゥス
アポノゲトン・ウンデュラツス
アポノゲトン・ウンデュラートウス
アポノゲトン・ウンデュラートゥス
アポノゲトン・ウンデュラータス
アポノゲトン・ウンデュラトゥス
科名
原産 インド、スリランカ、インド南部、インドシナ半島
光量 普通 20W×2~4本
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質 酸性~弱アルカリ性 pH 5.5~7.8(最適なのはpH6.5~7.0)
硬度 強軟水~弱硬水 最適なのは軟水
水温 22~28℃
形態 テープ状
栽培難易度 容易

アポノゲトン・ウンデュラータスをアマゾンで探す
アポノゲトン・ウンデュラータスを楽天市場で探す

アジア原産の水草, アポノゲトン科の水草, イモ系の水草, ロゼット状の水草, 人気の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 浮葉植物, 簡単丈夫な初心者OK水草