アフリカンニムファ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アフリカンニムファアフリカンニムファは池沼などに生育する浮葉植物です。アフリカンニムファは水中葉を多数だし、初めはヤジリ形。
次第に心臓形に近くなります。
葉縁はあまり波打たないです。
葉身は7×10cm。
葉は単色で斑はないですが色彩変異が多く、緑褐色~赤褐色まであります。
淡い紅茶色や紅緑色の葉をだす個体もあります。アフリカンニムファの花は中心が黄色の白。アフリカンニムファは地下に球根状の塊茎があり、そこから葉を根生します。
塊茎は丸味のあるラグビー球状で、灰褐色。
独特のシワがあります。アフリカンニムファはタイガーロータスとよく似ていますが別種です。
幼葉に見える淡い同色斑は成葉になるにつれ消滅します。
成葉はタイガーロータスのように水中葉に暗色斑があまり入らず、やや葉幅が狭いことで区別することができます。タイニムファとも似ていますが、赤系の葉は色が濃い印象があります。
海外ではアフリカ産ニムファとしは特別な扱いとしていない様です。
アフリカンニムファをアマゾンで探す
アフリカンニムファを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アフリカンニムファの栽培は容易、丈夫で、水槽で育てやすい美しい水草です。
栽培方法は他のニムファ属と同様です。アフリカンニムファは水槽栽培は容易で、高光量水槽では浮葉を短期間で形成します。
育成方法によっては水中葉のまま長期生存できる水槽向きのスイレンです。アフリカンニムファは二酸化炭素(Co2)量を多くすることと、換水を頻繁に行い値物の新陳代謝を促すようにすると、生長が良くなります。
底床内の栄養分に大きく依存するので、底床添加肥料を使用すると大変よい育成結果が得られます。

水草の増やし方

アフリカンニムファの繁殖は種子と短い繁殖茎によります。
浮葉を多くつけると夜咲きの白い花が咲き、自家受粉して種子が得られます。

水草水槽のレイアウト

アフリカンニムファはレイアウト水槽に使用されることも多い水草です。
アフリカンニムファは装飾的で美しい水草水槽レイアウトを作ることができます。成長初期のアフリカンニムファは小型水槽にも良く合い、水槽に迫力を与えてくれます。
葉は大型になりますが、低床中に張った根を適度にカットすることや、底床中の肥料分の調整によってある程度のサイズの限定をすることができます。
大きな葉の下は光量が不足するので、光量を必要とする他の水草を植えられません。アフリカンニムファは魚中心のレイアウト水槽では、とくに水槽のセッテイングを行わなくても繁茂させることができる便利な水草です。赤みの強い茶褐色の広い葉を広げる水草は、レイアウト水槽のポイントとして大変存在感があります。
葉は大きく、水草レイアウト水槽内でもひときわ目立つ水草ですし、見る角度によって緑に見えたり赤に見えたりする様は一本植えとして利用しても十分見ごたえがあります。
アフリカンニムファをアマゾンで探す
アフリカンニムファを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アフリカンニムファ
学名 Nymphaea sp.(from Africa)
和名
別名 アフリカン・ニムファエア
ニムファ・アフリカ
科名 スイレン科
原産 西アフリカ
光量 普通 20W×2~4本
二酸化炭素 なるべく添加
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 22~28℃
形態 根茎性 ロゼット
栽培難易度 容易

アフリカンニムファをアマゾンで探す
アフリカンニムファを楽天市場で探す

アフリカ原産の水草, イモ系の水草, スイレン科の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 浮葉植物, 簡単丈夫な初心者OK水草, 赤系の水草