クリプトコリネ・リングア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・リングアクリプトコリネ・リングアは、河川に生育する沈水~湿生植物です。
表層は淡水で下層は潮の影響を受ける特殊な環境に生育します。クリプトコリネ・リングアは、草丈8~12cm位。
葉は通常3~5枚。
葉は葉柄より短く、スプーン形で6×3cm。
厚肉で緑色、やや鋭頭。
時に鈍頭。
基部はタサビ形、まれに浅心形、全縁。
葉面平滑、可視的葉脈はありません。
へラ型でグリーンの葉は厚味があり、葉数は少なく3~4枚程度で多く付けることはありません。
葉柄は広く扁平で、葉の延長のような感じで全体はスプーン状。クリプトコリネ・リングアの花序は5~7cmの高さ。
苞の上部はロート状に開き、内側は鮮黄色で褐色の小斑が多数入り、苞の先端部は長くとがり赤褐色で、鮮明なコントラストを見せます。ボルネオ原産のクリプトコリネ・リングアは、ニューギニア産の「クリプトコリネ・ベルステギィ」によく似ていますが、クリプトコリネ・リングアの方が小型で葉形はスプーン状となり、ほとんどのものは心形とならずクサビ状に流れていることで区別できます。
クリプトコリネ・リングアをアマゾンで探す
クリプトコリネ・リングアを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・リングアは、水中育成の難しい丸葉のクリプトコリネの仲間です。
水槽育成した水中葉は小型化し、草丈は3~5cmで水上葉と同型です。
葉数は水上葉よりさらに少なく2~3枚程度が普通です。
光量は強目の方が良いです。
明るい照明を当て、二酸化炭素(Co2)の添加を行って育成すると比較的よい結果が得られやすいですが、徐々に楼小化してしまうことも多いです。
しかし、自然光が良く入り、pHの低い水槽では草丈12~13cmに及ぶことがあります。
クリプトコリネ・リングアの栽培は通常20~27℃の温度と酸性水が好まれ、他の鮮緑葉の種類がそうであるように明るい光が必要です。

水草の増やし方

水草水槽のレイアウト

クリプトコリネ・リングアは、水中で育成するよりも、アクアテラリウム内の陸上部分やバルダリウムなどで育成するほうが、クリプトコリネ・リングアの魅力をよく引き出せます。
水槽での育成は難しく、太陽光の当たる場所がよく、蛍光灯などでは小型化することが多いです。
クリプトコリネ・リングアをアマゾンで探す
クリプトコリネ・リングアを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・リングア
学名 Cryptocoryne lingua
和名
別名
科名 サトイモ科
原産 ボルネオ、サラワク
光量 普通 20W×2~3本
二酸化炭素 なるべく添加
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
水温 22~28℃
形態 根生植物 ロゼット
栽培難易度 難しい

クリプトコリネ・リングアをアマゾンで探す
クリプトコリネ・リングアを楽天市場で探す

アジア原産の水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 水槽の前景に レイアウトする水草