バコパ・ミリオフィロイデス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:バコパ・ミリオフィロイデスバコパ・ミリオフィロイデスは、湿地や池沼のほとりに生育する沈水~湿生植物の水草で、「ミリオフィラム」の種類と間違えやすい姿をしています。
学名Bacopamyriophylloidesは、myriophyll+oidesで、「ミリオフィラム属のような」という意味です。
バコパといえば通常丸葉をイメージしてしまいますが、バコパ・ミリオフィロイデスはミリオフィラムのように細く繊細な葉が対生(殆ど輪生)しています。バコパ・ミリオフィロイデスは、水上では茎は匍匐し、径1mm、上部は斜上または直立。葉は8~11輪生してつき、長さ3~8mm、無柄でやや上部にそり返ります。葉身は針状線形、鈍頭、多肉、鮮緑色。バコパ・ミリオフィロイデスは、水中では茎は直立し、葉はやわらかく、糸状になり、長さ3~8mm。
葉は長さ10~13mm、茎に葉を4~6輪生します。
細く柔軟となり、葉長は伸び、茎は緑色に変わります。茎は円柱形で径1~1.5mm無毛または徴毛。
節より太さ0.5mmほどの少数の白根をだします。
通常、茎は横に這い、上部は斜上か直立し、時々分岐し淡紅緑色または鮮やかな紫紅色。バコパ・ミリオフィロイデスの花は茎上部の葉腋につき、花径3mm位、淡紐酔臨花弁5枚で基部は合着、筒状、有柄。
雄しべ4個で中央の雌しべ1個を囲む。熱帯魚ショップでの流通は稀です。
市販されているのは水上葉で「マッハボタン」を小型にしたようなやや肉厚な葉をしていますが、水中に植えられるとすぐに非常に細い「スクイレルテール」のような葉を展開します。

バコパ・ミリオフィロイデスをアマゾンで探す
バコパ・ミリオフィロイデスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

バコパ・ミリオフィロイデスの育成はやや難しいですが、、二酸化炭素(Co2)を添加し液肥を授与すると容易で、生育は速いです。
強光、酸性、軟水の環境で育てやすいです。
底床添加肥料も効果が高いです。通常のバコパ・ミリオフィロイデスは水質が弱酸性~弱アルカリ性で軟水~中硬水、20~28℃が適しています。ただし、アラグアイア産のバコパ・ミリオフィロイデス(Bacopamyriophyl10ides(frcmAraguaia))は水質が酸性~弱酸性で軟水~中硬水、20~28℃が適しています。
育成は、二酸化炭素(Co2)を添加し液肥を授与すると容易で、通常のバコパ・ミリオフィロイデスよりも生育は速いようです。
アラグアイア産のバコパ・ミリオフィロイデスは通常のバコパ・ミリオフィロイデスよりも葉が長く、輪生数が少ないのが特徴です。バコパ・ミリオフィロイデスの水中葉は柔らかく魚に食べられやすいことや、生長が通いが二酸化炭素(Co2)量が少ないと生長が止まるので二酸化炭素(Co2)を添加し、液肥などの肥料分を少しずつ短いサイクルで授与すると良い結果になります。

水草の増やし方

有茎水草の増やし方はいろいろあり、どの増やし方も簡単です。
最も一般的で、初心者の方にもおすすめの増やし方は「さし芽」によって繁殖させる方法です。
有茎水草がある程度伸びたら草体のほぼ真ん中で切ります。
茎の途中の節に根が出ている場合はその場所で切るのも良いでしょう。
切断する位置は茎の節の下から5mmほどの所です。
切り取った上の部分を底床に植えて固定すれば、やがて根付きます。
残った下部もまた同様に底床に植えて固定すれば、やがて脇芽を出して増やせます。
側枝を作る場合も多く、側枝が水面まで伸びてきたら、また茎節の下5mmの位置でカットして床砂に植えます。
こうしてどんどん増やすことができます。「取り木」よる方法もあります。
有茎水草が底床に根付いている状態で、そのまま茎を寝かせ、茎頂辺りを石などで軽く固定します。
すると、やがて茎節から新芽と根が出てきます。
新芽が5cmほどに生長したらそれぞれをカットし、新たに植え直します。

水草水槽のレイアウト

バコパ・ミリオフィロイデスは、バルダリウムやアクアテラリウムにリイアウトしてもうまくいきます。
屋外での水鉢栽培で、茎や葉や可憐な小花を楽しむのもよいでしょう。
水草レイアウト水槽では中景から後景にレイアウトすると良いでしょう。
珍しい類の水草ですが、葉が細い水草なので、レイアウトに植える場合は、最低でも20本程度はまとめ植えをしたほうがよいでしょう。
バコパ・ミリオフィロイデスをアマゾンで探す
バコパ・ミリオフィロイデスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 バコパ・ミリオフィロイデス
学名 Bacopa myriophylloides (Benth.) Wettstein
和名
別名 バコパ・ミリオピロイデス
バコパ・ミリオフイロイデス
科名 ゴマノハグサ科
原産 南米ブラジル、中国南部
光量 普通 20W×2~3本
二酸化炭素 必ず添加
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
形態 有茎水草
栽培難易度 ちょっとだけ難しい

バコパ・ミリオフィロイデスをアマゾンで探す
バコパ・ミリオフィロイデスを楽天市場で探す

アジア原産の水草, ゴマノハグサ科の水草, 南アメリカ(南米)・中央アメリカ(中米)原産の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 酸性に強い水草