アコルス・バリエゲイタス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アコルス・バリエゲイタスアコルス・バリエゲイタスは草体は基本種のアコルス・グラミネウスとほぼ同じ大きさですが、葉に線白縦斑(縦の白い縞陳様)の入る種です。Acorus(アコルス)は、ギリシャ語の「a(否定)+coros(装飾)」が語源で「美しくない花」の意味です。
アコルス・バリエゲイタスは和名マサムネセキショウ(正宗石菖)、斑入りセキショウです。
園芸店では和名の斑入りセキショウの名前で販売されます。アコルス・バリエゲイタスの根茎は、ほぼ円柱形で頑丈で多くは地上に露出し暗緑色、直径約5~10mm位。
多節で長く分岐し、太いヒゲ根で砂れきや岩石に寄着します。アコルス・バリエゲイタスの葉は根茎先端より10~15枚ほど、扇状に線形葉を根生します。
葉の基部は淡紅色で上方は艶のある濃緑色または暗緑色、鋭尖頭、全縁(ギザギザがない葉)、やや外側に反り返ります。
葉長は通常20~60cm、幅5~10cm全草に薬臭に似た香気があります。アコルス・バリエゲイタスの花は両性で小花が多数密集します。
花は葉間より長さ8~30cmの花茎をだし、上方に淡黄色、長さ8~10cm前後、直径7~8mmの尾状の肉穂花序をつけます。
苞葉は濃緑色で、葉に似て剣状となり、他のサトイモ科のように花序を包みません。
苞は花序とほぼ同長です。アコルスの根茎は鎮静、健胃、腹痛・婦人病の薬用になります。アコルス・バリエゲイタスはアコルス・グラミネウスの改良品種として園芸店でも安価に購入できます。
アコルス・バリエゲイタスをアマゾンで探す
アコルス・バリエゲイタスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アコルス・バリエゲイタスは水中育成が可能です。
アコルス・バリエゲイタスの水中化は基本種のアコルス・グラミネウスやアコルス・プシルスほどの適応力はなく、また光が強い方が斑の出方が鮮明です。
アコルス・バリエゲイタスは高水温を嫌うので、25℃以下を保ち、二酸化炭素(Co2)の添加を行って育成します。
水槽内では矮小化することが多いですが、緩やかな生長をみせてくれます。
アコルス・バリエゲイタスは悪条件にもよく耐えます。
二酸化炭素(Co2)を十分に補給すれば育成はやさしく、弱アルカリ性の水質でも順応します。
サンゴ砂を混ぜた弱アルかリ性水槽の水質でも、順応してゆるやかな生長をします。
アコルス・バリエゲイタスは弱ってしまったときは、湿った土に植え替えれば回復します。

水草の増やし方

アコルス・バリエゲイタスは株分けで増やすことができます。

水草水槽のレイアウト

アコルス・バリエゲイタスは縦に白い斑が入るアコルスで、全体に明るい色彩なので、華やいだ雰囲気があります。
アコルス・バリエゲイタスは日陰条件に強く、白斑が美しいのでテラリウムやバルダリウムに適します。アコルス・バリエゲイタスは園芸に用いられていますが、水槽にも利用できます。
アコルス・バリエゲイタスはアコルスの中の変わり種としておもしろい存在です。
水槽での育成も行なえるのですが、どちらかというと水上生活を好み、ビオトープなどに向いています。
アクア・テラリウムで育てるとよく育ち、本来の魅力を発揮できます。アコルス・バリエゲイタスは底床を厚くして、センタープランツの水草や流木・岩などのわきに中景のポイントとしてアコルス斑入りをレイアウトすれば、レイアウトを引き立ててくれます。
アコルス・バリエゲイタスをアマゾンで探す
アコルス・バリエゲイタスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アコルス・バリエゲイタス
学名 Acorus gramineus var. variegatis
和名 マサムネセキショウ(正宗石菖)
別名 フイリセキショウ、斑入りセキショウ
科名 サトイモ科
原産 日本、中国大陸
光量 普通 20W×2本
二酸化炭素 添加
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
水温 18~25℃
形態 ロゼット状
栽培難易度 容易

アコルス・バリエゲイタスをアマゾンで探す
アコルス・バリエゲイタスを楽天市場で探す

アクアテラリウムにレイアウトできる水草, アジア原産の水草, サトイモ科の水草, 日本の水草, 有茎水草の仲間, 簡単丈夫な初心者OK水草