アヌビアス・アングスティフォリア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アヌビアス・アングスティフォリアアヌビアス・アングスティフォリアは河川などに生育する沈水~湿生植物です。
カメルーンよりさらに西方、象牙海岸(コートジボアール)一帯を中心に分布します。アヌビアス・アングスティフォリアは「アヌビアス・バー・バルテリー」の数多い変種のひとつで、アヌビアス・バー・バルテリー・バー・アングスティフォリアの事です。アヌビアス・アングスティフォリアは細長い葉が特徴です。
変種名の通り狭い葉で、基本種の「アヌビアス・バー・バルテリー」とはまったく異なる葉形です。
また、アヌビアス・アングスティフォリアは「アヌビアス・ランケオラータ・フォルマ・アングスティフォリア」として、「アヌビアス・ランケオラータ」の細葉タイプと同じものであるとする説もあります。アヌビアス・アングスティフォリアの葉は長楕円状倒披針形で機縁または暗緑色、やや鋭頭、狭脚全線、革質。
葉柄は通常、葉長と同様か約1/2位の長さで、草丈14~32cm位。
全草硬質で細長い葉を叢生します。
葉長8~18cm、幅3~5cm、無毛。
表面平滑、裏面は淡白線色。アヌビアス・アングスティフォリアの花は仏炎苛に包まれた肉穂花序で、肉穂は通常苛より短いか、ほぼ同じ長さです。
アヌビアス・アングスティフォリアをアマゾンで探す
アヌビアス・アングスティフォリアを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アヌビアス・アングスティフォリアは水辺の岩上などに匍匐する根茎から白く太い頑丈な根を伸ばし着生します。
葉はやや厚くて堅く、成長速度はとても緩やかです。
生長は遅い方ですが弱光環境によく耐えます。
水中では小型になり、生育は遅いです。
二酸化炭素(Co2)の添加は有効です。
アヌビアス・アングスティフォリアは魚が多い水槽で育てると、葉の縁に黒いヒゲ状のコケが付着しやすいので、ろ過能力の高い大きなフィルターを使い、魚の数を少なくした水槽で栽培しましょう。

水草の増やし方

アヌビアス・アングスティフォリアは根茎を横に伸ばしながら増える水草です。
根茎の株分けで増やすことができます。
茎の部分が伸びてきたら株分けします。
株分は、葉が5枚程付いた茎をカッターなどで切り分けるだけです。
根があれば葉を全部切り落としても、新しく小さな葉が出てきて成長する場合もあります。

水草水槽のレイアウト

アヌビアス・アングスティフォリア底床に植えることも、流木や岩に活着させることもできます。
ただ、流木や石に活着させると成長が悪くなるので、レイアウトより水草の成長を優先させる場合には、栄養分の豊富な底床に植え込んで育成します。
中景から後景にレイアウトすると良いでしょう。
水草水槽でアヌビアス・アングスティフォリアをレイアウトする場合は、アヌビアスの仲間やシダの仲間などと一緒に光量を弱めにして育成すると、本来の美しさが現れます。
アヌビアス・アングスティフォリアをアマゾンで探す
アヌビアス・アングスティフォリアを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アヌビアス・アングスティフォリア
学名 Anubias barteri Schott var.angustifolia(Engl.)Crusio
和名
別名 アヌビアス・バー・バルテリー・バー・アングスティフォリア
アヌビアス・アングスチフォリア
アヌビアス・ランケオラータ・フォルマ・アングスティフォリア
科名 サトイモ科
原産 西アフリカ熱帯域(コートジボアール~ギニア)
光量 普通 20W×2~3本
二酸化炭素 なるべく添加する
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 中硬水
水温 22~28℃
形態 根茎性
栽培難易度 普通

アヌビアス・アングスティフォリアをアマゾンで探す
アヌビアス・アングスティフォリアを楽天市場で探す

アクアテラリウムにレイアウトできる水草, アヌビアス系の水草, アフリカ原産の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 活着する水草, 深緑系の水草, 簡単丈夫な初心者OK水草