アメリカミズユキノシタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アメリカミズユキノシタアメリカミズユキノシタは湿地や水辺などの浅い水の場所に生える沈水~抽水植物です。
水槽用としてはルドウィジア・レペンスの名前で知られています。
アメリカミズユキノシタの葉は対生し広卵形または広披針形で短い柄があります。
葉は対生してつき、広卵形で、短い葉柄があり、長さ2~3.5cm、幅1~2cm、全体は約20~30cmの草丈になります。
アメリカミズユキノシタは水上では茎は匍匐します。
よく分岐し、茎頂部はやや斜上します。
水上葉はグリーンの葉を対生させ、葉の裏は赤色ですが、育成条件によっては、葉の表も赤色をおびることがあります。
育成状態によっては茎頂葉が赤茶色になります。
アメリカミズユキノシタの水中葉は、黄色味をおびたライトグリーンから茶色味をおびた赤色で、裏は濃い赤色です。
ですが、色は水質によってかなり変化します。
アメリカミズユキノシタは水槽育成した水中葉でも、葉腋に小さな花が咲くことがあります。
花は腋生で黄色の小さな花です。
アメリカミズユキノシタは「ルドウィジア」と同様で一般的な水草です。
アメリカミズユキノシタはレッド・ルドウィジアとも呼ばれ、両者はよく似ていますが、アメリカミズユキノシタの水中葉の葉幅が広いことで見分けがつきます。
レッド・ルドウィジアの別名がついてはいますが、「ルドウィジア」と比べて葉の色がより赤いわけではありません。
「ルドウィジア」と区別するために、付けられた名前です。
アメリカミズユキノシタの水上葉は、「ルドウィジア」より丸味のあるグリーンの葉を対生させ、葉の裏は赤味をおびています。
水質状件によって、「ルドウィジア」のような細長い葉を付ける時があって区別し難いですが、同じ水槽で育てると、「ルドウィジア」はアメリカミズユキノシタよりさらに細長い葉形となることで区別できます。
アメリカミズユキノシタは、「ルドウィジア・ムルレルティ」とも混同されています。
アメリカミズユキノシタと「ルドウィジア・ムルレルティ」は水中葉が明らかに異なります。
アメリカミズユキノシタの水中葉は丸く、葉幅が広いですが、「ルドウィジア・ムルレルティ」は葉幅が狭く、ヤリのような形状になります。
育成条件によっては見分けにくい場合もあります。
アメリカミズユキノシタは、熱帯魚ショップでは水上葉が市販されることの多い水草です。
アメリカミズユキノシタをアマゾンで探す
アメリカミズユキノシタを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アメリカミズユキノシタは、丈夫で育てやすい水草です。
強光を好み、水温18~28℃と広い範囲で適応し、育ちますが、「ルドウィジア」に比してやや育成は難しいです。
熱帯魚ショップで市販されているものは水上葉が多く水中に入れると、水上葉が枯れて落ちます。
茎と茎頂の水中葉が残るので、水中で茎が十分に伸びたところでトリミングをして植えなおしましょう。
まれに水中での茎が伸びていない場合、茎の傷が原因で、購入直後に溶けてしまうことがあります。
これを防ぐためには、まずエアレーションした水槽に浮かべて明るい場所におき、3~4日して茎が水上に伸びてきてから、水深を浅くした水槽に1本ずつ植えましょう。
高光量・高肥料の環境では茎頂葉は赤く、大型になり、葉長は4cmにもなることがあります。
低光量下では葉が黄味をおびた赤色になります。
強軟水・高温の環境では育てることは難しいですが、肥料添加をすると育つようになります。

水草の増やし方

有茎水草の増やし方はいろいろあり、どの増やし方も簡単です。
最も一般的で、初心者の方にもおすすめの増やし方は「さし芽」によって繁殖させる方法です。
有茎水草がある程度伸びたら草体のほぼ真ん中で切ります。
茎の途中の節に根が出ている場合はその場所で切るのも良いでしょう。
切断する位置は茎の節の下から5mmほどの所です。
切り取った上の部分を底床に植えて固定すれば、やがて根付きます。
残った下部もまた同様に底床に植えて固定すれば、やがて脇芽を出して増やせます。
側枝を作る場合も多く、側枝が水面まで伸びてきたら、また茎節の下5mmの位置でカットして床砂に植えます。
こうしてどんどん増やすことができます。「取り木」よる方法もあります。
有茎水草が底床に根付いている状態で、そのまま茎を寝かせ、茎頂辺りを石などで軽く固定します。
すると、やがて茎節から新芽と根が出てきます。
新芽が5cmほどに生長したらそれぞれをカットし、新たに植え直します。

水草水槽のレイアウト

アメリカミズユキノシタは中景から後景にレイアウトされることが多いでしょう。
葉の色の変化も美しく、興味深いものがあります。
後景では大型水槽で背丈の高い水槽では背丈を高くし、葉の裏の赤色を見せるような植え方も良く、上品な赤色が映えるレイアウトといえます。
アメリカミズユキノシタの茎は普通、垂直に伸びますが、茎頂を少し横に伸びることがあります。
低光量や低水温下では斜めや横(水平)に伸びます。
これを利用して中景や少し前景に石や流木と合わせた和風レイアウトも良いでしょう。
アメリカミズユキノシタをアマゾンで探す
アメリカミズユキノシタを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アメリカミズユキノシタ
学名 Ludwigia repens
和名 アメリカミズユキノシタ
別名 ルドウィジア・レペンス、レッド・ルドウィジア
科名 アカバナ科
原産 北米東南部
光量 普通
二酸化炭素 少なめ
水質 弱酸性~弱アルカリ性 pH5.5~8.8
硬度 中硬水
水温 18~28℃
形態 有茎水草
栽培難易度 容易

アメリカミズユキノシタをアマゾンで探す
アメリカミズユキノシタを楽天市場で探す

アカバナ科の水草, 北アメリカ(北米)原産の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 抽水植物, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽のセンタープランツとしてレイアウトする水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草, 赤系の水草