アンブレラプラント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:アンブレラプラントアンブレラプラントは水辺や水中に生えるカヤソリグサ科の多年草です。アンブレラプラントは糸状の長い稈を叢生し15~30cmになります。
通常、水中にある時は稈頭部から5~10あまりの糸状葉を傘状(放射状)にだすところからアンブレラプラントと呼ばれるとする説と葉の先端に子株をつけ、いかにも傘の骨のようなところからついた名称であるとする説があります。
また、学名エレオカリス・ビビパラの種小名ビビバラ(vivipara)は「胎生する」の意味があり、傘状の稈項部はそれぞれ別の植物個体として独立しうることを示しています。
元株が傷んでいた場合などは先端の子株を切り取って植えても独立した株に生長します。
アンブレラプラントをアマゾンで探す
アンブレラプラントを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

アンブレラプラントの水槽栽培は難しく、重要なポイントは光量で、かなり多くしなければなりません。
全体が水中葉になるとやや光量を落としでも育成するようになります。
低光量の環境では、葉の先端が水面近くに来るよう底を上げると良いでしょう。
アンブレラプラントは成長が早いので適度なトリミングが必要です。

水草の増やし方

アンブレラプラントは葉からどんどん胎生芽がでてきますので、これを摘み取って植えることで増やすことが簡単にできます。
胎生芽の増殖速度は非常に早いです。
この胎生芽を放っておくと、胎生芽より下の部分が弱ってしまうためこまめに取り除きましょう。

水草水槽のレイアウト

アンブレラプラントはネイチャーアクアリウムで頻繁に使用され人気の出た水草です。
株立ちで針状の葉を出します。
同属のヘアーグラスに外見上似ていますが、背が高くなるのでアンブレラプラントは後景にレイアウトすると良いでしょう。
シンプルな姿でヘアーグラスを前景にレイアウトして、アンブレラプラントを後景にすればまとまりのあるレイアウトが簡単にできます。
アンブレラプラントは石を使ったレイアウトを演出するのにも適した水草です。
アンブレラプラントをアマゾンで探す
アンブレラプラントを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 アンブレラプラント
学名 Eleochalis vivipara
和名
別名 エレオカリス・ビビパラ
科名 カヤソリグサ科、ユキノシタ科
原産 北アメリカ南東部
光量 普通 20W×2~4本
二酸化炭素 なるべく添加
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
形態 ロゼット状
栽培難易度 難しい

アンブレラプラントをアマゾンで探す
アンブレラプラントを楽天市場で探す

カヤツリグサ科の水草, ユキノシタ科の水草, ロゼット状の水草, 北アメリカ(北米)原産の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の後景に レイアウトする水草