クリプトコリネ・ウェンティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・ウェンティクリプトコリネ・ウェンティは根茎から長い葉柄が伸び、ハート形の葉をロゼット状に繁らせるポピュラーなクリプトコリネです。
ライトグリーンの葉を付けるものと茶褐色の葉のものがあり、葉の緑にはウェーブがかかっています。クリプトコリネ・ウェンティは丈草7~35cmで、葉は長さ3~15cm、幅2~5cmほどです。
葉柄と葉長との長さも大きく変化しますが、基本は葉柄と葉長はほぼ同じ長さです。
葉の縁が波状になり、環境によって葉の色が様々に変化します。基本的に、葉の形は楕円状卵形、鋭頭。基部は不定の浅心形、縁は鋸歯状です。
葉面に艶があり、水上では緑色が多く、水中では緑色から茶褐色です。
緑色と茶色の縞または斑となる場合や、葉脈が縦横に正しく交差して碁盤目状になることもあります。花序は約5~7.5cmの長さでねじれる場合が多く、上部の仏炎状の部分も先端にかけてややねじれ、縁は鋸歯状です。内側は暗紫色の部分がくっきりと輪になり、上部に微細な白斑が入ります。
水中、水上の葉形にあまり差はありません。クリプトコリネ・ウェンティには多くの変種がありますが、完全に生長した状態で、同一の環境で栽培しないと環境の差によって色彩や形状の変異が大きく、その違いが分かり難いです。
おおまかに分けて、グリーン系とブラウン系がありますが、グリーン系はどのような環境でも葉色がグリーンで茶色や褐色にはならず、ブラウン系はクリプトコリネ・ベケッティやクリプトコリネ・ペッチーと似ていますが葉幅がひろく、葉の基部がくびれていることで識別がつきます。
グリーン系は栽培が容易、ブラウン系はやや溶けやすいです。クリプトコリネ・ウェンティの主な変種は下記の通りです。
クリプトコリネ・ウェンティ・グリーン(クリプトコリネ・ウェンティ・バー・ナナ)
クリプトコリネ・ウェンティ・プラウン(クリプトコリネ・ウェンティ・バー・ヤーネリイ)
クリプトコリネ・ウェンティ・レッド(クリプトコリネ・ウェンティ・バー・ルベラ)
クリプトコリネ・ウェンティ・バー・クラウトゥリィ
クリプトコリネ・ウェンティ・トロピカ
クリプトコリネ・ウェンティ・ハイプリッド
クリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤ
クリプトコリネ・ウェンティ・リアルグリーンポピュラーなクリプトコリネで、ヨーロッパからはポット入りで、東南アジアからは1本で輸入されてくることが多いですが、どちらも水上葉です。
根のことを考えると、傷んでいないポット入りの方が水槽に植え込んでからの水中葉の展開が良いです。
クリプトコリネ・ウェンティをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウェンティを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・ウェンティはクリプトコリネの入門用とでもいうべき水草です。
比較的丈夫で、もし溶けてしまっても、しばらくすると新芽が伸びてくることが多いです。
ポットのまま植えてもよいですが、増やすためにはポットから出す必要があります。
2~3週間はポットのまま植え、その後ポットから出し、1株ずつ分けて植えるようにするとよいでしょう。
根からロックウールをはがすときは、根を痛めないように注意します。
丈夫で生長も早いのですが、水質や光量の変化に敏感なので、急激に環境を変えると葉が溶けるように枯れてしまうことがありますから、注意しましょう。「クリプトコリネ・ウェンティ」の仲間の水草は比較的丈夫なクリプトコリネです。
しかし、葉が茶色いクリプトコリネは一般的に環境の急変で葉や茎が溶けやすく、特に輸入直後の水上葉は溶けやすいので、まずポットのまま底床に植えて、枯れた葉や茎をこまめに取り除きながら週に1/2~1/3ほど換水しましょう。
水中葉が4~5cmほどに育ったら、ポットから取り出して1株ずつ植えるようにします。
こうすると、水質の変化にもかなり対応してくれます。
また、「クリプトコリネ・ウェンティ」の仲間の水草を植えこむ前にはなるべく水槽のpHを低くしておくと良い結果が得られます。
このように、事前の準備をすることでクリプトコリネは最初から溶けずに育成することがでます。
ポット入りの水上葉が水槽で栽培するにはよいですが、ポット入りのものはポットのみ外し、ロックウールはそのままで底床に植え込むのも1つの方法です。
育成環境によって葉の色が茶色から緑色の間で変化することはありますが、育成はおおむね容易な部類なので水質の急変や植え替えを控えれば溶けて枯れてしまうことは少ないでしょう。
クリプトコリネ・ウェンティ・ブラウンは環境の変化、とくに水質には敏感ですから、それさえ避ければ育成は容易です。
たとえ葉が溶けた場合でも根が残っていれば復活してくることも多々あります。

水草の増やし方

クリプトコリネ・ウェンティの増やし方は、株を切り離す方法です。
クリプトコリネ・ウェンティは繁殖力が旺盛で、根の付け根にランナーの元になる種子のようなものを付け、葉を伸ばして子株を形成します。
熱帯魚ショップなどで販売されている株は、ほとんどが複数の株が絡み付いている状態ですから、ロックウールをはがしながら丁寧に株分けすると、結構な数の株が得られます。
ポットのまま植えても問題はありませんが、増やすことを考えるのであればやはりポットから出したほうがよいでしょう。

水草水槽のレイアウト

クリプトコリネ・ウェンティは個体や環境によって大きさ・色ともに様々です。
その個体に合った水槽レイアウトを考えるのも楽しいものです。
クリプトコリネ・ウェンティは基本的には前景から中景にかけてレイアウトします。
生長が早い定番水草のひとつで、まとめ植え用として利用します。
大型に育ったクリプトコリネ・ウェンティはセンタープラントとしてもレイアウトできます。
クリプトコリネ・ウェンティをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウェンティを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・ウェンティ
学名 Cryptocoryne Wendtii
和名
別名 クリプトコリネ・ウェンデティ
科名 サトイモ科
原産 スリランカ
光量 普通 20W×2~4本
二酸化炭素 なるべく添加
水質 中軟水
硬度 軟水~中硬水
水温 22~28℃
形態 根茎性 ロゼット
栽培難易度 容易

クリプトコリネ・ウェンティをアマゾンで探す
クリプトコリネ・ウェンティを楽天市場で探す

アジア原産の水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の前景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草