クリプトコリネ・トンキネンシス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:クリプトコリネ・トンキネンシスクリフトコリネ・トンキネンシスは河川に生育する沈水~湿生植物です。
クリフトコリネ・トンキネンシスはクリプトコリネ類の中でも、ヒモのような細い葉を付ける種類のクリフトコリネです。
小さく細く可憐ですが、意外に丈夫です。クリプトコリネ・トンキネンシスは、根が先に発達し長さ20~40cm位までになります。
葉は糸状に細く線形。
水上葉は長さ15~20cm、幅2~10mm位、浅緑色。
水中葉は茶緑色にゴマ粒斑が生じ、長さ40cm位。
葉身は正確には細長い例披針形、基部はクサビ状に細くなり、葉柄との境界は不明瞭。クリプトコリネ・トンキネンシスは葉幅が約5mm前後で、葉にウェーブがないのが特徴です。
葉幅は1cmを超えることはまずありません。クリプトコリネ・トンキネンシスは「クリプトコリネ・バランサエ」や「クリプトコリネ・レトロスピラリス」や「クリプトコリネ・スピラリス」などと混同されやすいです。よく似た種類の見分け方は、
「クリプトコリネ・バランサエ」は葉面に明瞭なシワがあります。
「クリプトコリネ・レトロスピラリス」は葉縁が鋭く波打ちます。
「クリプトコリネ・スピラリス」は小型で長さ20cm程のテープ状の葉で、鈍頭かやや鋭頭である。
などで見分けられます。
クリプトコリネ・トンキネンシスをアマゾンで探す
クリプトコリネ・トンキネンシスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

クリプトコリネ・トンキネンシスの育成はやさしく、明るい照明、二酸化炭素(Co2)と底床添加肥料の添加などでよく育ちます。
見た目とは違って栽培は容易で一度根付くととても丈夫です。
育成は難しくないですが、底床の栄養分が少ないと、徐々に弱ってしまうことがあります。
草姿が小型のため、十分な光量が必要で、二酸化炭素(Co2)の添加も効果があります。

水草の増やし方

クリプトコリネ・トンキネンシスの増やし方は子株を切りはなす方法です。
調子が良いと地下茎を伸ばして子株を作る性質があります。 t

水草水槽のレイアウト

どんなに成長しても葉幅が1cmに達することのない、繊維な感じを受けるクリフトコリネ。
クリプトコリネ・トンキネンシスは葉が繊細なので、植える数が少ないと、存在感が出しにくいです。
その点に留意して、レイアウトします。
小型水槽や標準60cm水槽の後景用に細長い水草が欲しい時。
葉が極細であるため、レイアウトには、三~五株ではまるで存在感がないため、少なくとも十株以上は使用したい。
ネイチャー系のレイアウトにもお奨めです。
クリプトコリネ・トンキネンシスをアマゾンで探す
クリプトコリネ・トンキネンシスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 クリプトコリネ・トンキネンシス
学名 Cryptocoryne crispatula var.tonkinensis
和名
別名
科名 サトイモ科
原産 ベトナム、ミャンマー
光量 普通 20W×2~3本
二酸化炭素 添加する
水質 弱酸性~中性
硬度 軟水~弱硬水
水温 20~28℃
形態 根生植物 ロゼット状
栽培難易度 普通

クリプトコリネ・トンキネンシスをアマゾンで探す
クリプトコリネ・トンキネンシスを楽天市場で探す

アジア原産の水草, クリプトコリネ系の水草, サトイモ科の水草, ロゼット状の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 小型水槽にレイアウトできる水草, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草