エゲリア・ナヤス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:エゲリア・ナヤスエゲリア・ナヤスはグレートモスとも呼ばれる南米原産で「アナカリス」に近縁の沈水性多年草の水草です。
鮮やかな緑色の細長い葉を輪生させるエゲリア・ナヤスは非常に丈夫な水草で浮漂しても枯れることはありません。
通常、水中の泥土に根を張り、草体は浮立叢生しますが浮漂しても生活できます。
草長は50cm以上に達し、全草緑色葉は4~7枚輪生し、やや下方に反り、少しよじれて四方に開出します。
葉片は針状線形、長さ1~2cm、幅1mmほどで、鋭尖頭に葉縁の鋭い鋸歯が目立ちます。
茎は細く、直径約2mmくらいで、多くの節があり、その所々で分岐します。
根のない状態で浮漂しても支障なく成長し、やがて白い根をだして、独立した植物体を作るようになります。
エゲリア・ナヤスは生命力の旺盛さから、温暖地域で分布域を移動、拡大する可能性が高いとも言われています。エゲリア・ナヤスは「ラガロシフォン・マヨール」によく似ていますが、輸生である点や葉が針状に細くとがり、葉辺に鋸歯が目立つギザギサがあり、それほどカールしない点で区別することができます。
エゲリア・ナヤスをアマゾンで探す
エゲリア・ナヤスを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

エゲリア・ナヤスの栽培は容易で、二酸化炭素(Co2)を全く添加しなくても育成させることができます。
エゲリア・ナヤスは成長が早い水草なため肥料不足になりやすいです。
肥料が不足すると、葉色が薄くなってしまい、本来の美しさしさがなくなるので、液肥をこまめに添加するとよいでしょう。
根は節から1本しか出ないですが、非常によく肥料を吸収し、魚が多く窒素肥料分が十分ある水槽では1週間に10cmも伸びることがあります。

水草の増やし方

エゲリア・ナヤスは水面に浮かべておくだけでも殖えるほど繁殖力も旺盛な水草です。
項芽をカットして別の場所へ移植すると1本の茎から4~5本の脇芽を生じ、いくらでも繁殖させることができます。有茎水草の増やし方はいろいろあり、どの増やし方も簡単です。
最も一般的で、初心者の方にもおすすめの増やし方は「さし芽」によって繁殖させる方法です。
有茎水草がある程度伸びたら草体のほぼ真ん中で切ります。
茎の途中の節に根が出ている場合はその場所で切るのも良いでしょう。
切断する位置は茎の節の下から5mmほどの所です。
切り取った上の部分を底床に植えて固定すれば、やがて根付きます。
残った下部もまた同様に底床に植えて固定すれば、やがて脇芽を出して増やせます。
側枝を作る場合も多く、側枝が水面まで伸びてきたら、また茎節の下5mmの位置でカットして床砂に植えます。
こうしてどんどん増やすことができます。「取り木」よる方法もあります。
有茎水草が底床に根付いている状態で、そのまま茎を寝かせ、茎頂辺りを石などで軽く固定します。
すると、やがて茎節から新芽と根が出てきます。
新芽が5cmほどに生長したらそれぞれをカットし、新たに植え直します。

水草水槽のレイアウト

エゲリア・ナヤスは南米に原産するカナダモ属の1種で、アクアリウムに用いられるようになったのは比較的最近です。 「ルドウィジア」のように水面に向かって伸びるエゲリア・ナヤスはアクアリウム水槽では中景にレイアウトし、早めのトリミングを行ったほうがよいでしょう。
エゲリア・ナヤスをアマゾンで探す
エゲリア・ナヤスを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 エゲリア・ナヤス
学名 Egeria najas
和名
別名 グレートモス、エゲリア・ナヤス
科名 トチカガミ科
原産 南米、パラグアイ
光量 強い(20w×3~4本)
二酸化炭素 必要なし~少なめ
水質 弱酸性~中性
硬度 軟水~弱硬水
水温 20~28℃
形態 有茎
栽培難易度 容易

エゲリア・ナヤスをアマゾンで探す
エゲリア・ナヤスを楽天市場で探す

トチカガミ科の水草, 南アメリカ(南米)・中央アメリカ(中米)原産の水草, 大型水槽にレイアウトできる水草, 有茎水草の仲間, 標準水槽レイアウトできる水草, 水槽の中景に レイアウトする水草, 水槽の後景に レイアウトする水草, 簡単丈夫な初心者OK水草