エンツァイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水草の育て方1 (水草の種類)

水草:エンツァイエンツァイは水辺に生育するつる性の浮遊植物で多年草です。
東南アジア原産で、さつまいもと同じヒルガオ科の植物です。エンツァイは、つる性の水草で、茎は空洞になっており、地面や水面を這って伸び各節から下根します。
有柄の葉を互生し葉身はサツマイモの葉に似ています。
エンツァイの葉は互生してつき、葉柄は長さ7~10cm、葉身は長楕円状卵形、鈍頭、基部はヤジリ形で鮮かな緑色か濃緑色。
長さ8~12m、幅3~4.5cm。托葉はありません。エンツァイの花は葉腋から出る花茎に1~2花が咲きます。
苞片は緑色で、長楕円形鈍頭か鋭頭。
花冠は狭い鐘形、長さ5cm位で白色または淡い紅紫色です。
径5cm位。
花の内側は暗い紫色です。
花は両性、放射相称、5数性。エンツァイの学名のIpomoea aquaticaのIpomoeaは「サツマイモ属」を表し、aquaticaは「水性の」という意味です。
茎の芯が空洞である事からクウシンサイ(空心菜)とも呼ばれます。エンツァイの葉柄や葉は食用となり、東南アジアでは広く栽培されています。
沖縄では古くから栽培されている夏野菜で、中国から伝えられ、九州に伝わりましました。エンツァイは水の浄化作用があるとも言われています。エンツァイは食用・園芸用としては販売されていますが、熱帯魚ショップや通信販売での流通は少ないでしょう。
エンツァイをアマゾンで探す
エンツァイを楽天市場で探す

水草の育て方2 (水草の育成)

エンツァイは、東南アジア原産で生育適温が20度以上です。
耐寒性はありません。
エンツァイは、5月から8月初旬に種をまきます。
種を全体が隠れる程度の深さに蒔き、霧吹きなどで十分水を与えて種が乾かないようにします。
芽が出るまで水を枯らさないようにします。
草丈20㎝以上になったら、地際から5~6㎝残して刈り取ります。
残った節から芽が出て、6月~11月頃まで収穫できます。
寒さには弱く、最低気温が10度を下回ると茎も根も枯れるので、日本での露地栽培では、11月には枯れてしまいます。
多年草ですが、作物としては一年草として扱われています。

水草の増やし方

エンツァイは実生による増やすことができます。
九州以北の露地栽培では花をつけても種をつけません。

水草水槽のレイアウト

エンツァイは水生の野菜ですが、アサガオに似た花や水に浮かぶ草体が楽しまれ、庭池などで鑑賞用にされています。
エンツァイをアマゾンで探す
エンツァイを楽天市場で探す

水草図鑑データ

名称 エンツァイ
学名 Ipomoea aquatica
和名 ヨウサイ、クウシンサイ(空心菜)、ツウサイ(通菜)、エンサイ(蓊菜)、アサガオナ(朝顔菜)、水ホウレンソウ
別名 エンツアイ
英名 ウォータースピナチ
科名 ヒルガオ科
原産 タイ、マレーシア、東南アジア全域
光量 日向
二酸化炭素 不要
水質 弱酸性~弱アルカリ性
硬度 軟水~中硬水
水温 20~28℃
形態 有茎水草
栽培難易度 普通

エンツァイをアマゾンで探す
エンツァイを楽天市場で探す

アクアテラリウムにレイアウトできる水草, アジア原産の水草, ヒルガオ科, 有茎水草の仲間