ラン科の水草一覧

“ラン科(蘭科、Orchidaceae)は、単子葉植物の科のひとつです。多くが美しく、独特の形の花が咲きます。世界に700属以上15000種、日本に75属230種があります。寒帯から熱帯まで分布しますが、特に熱帯に多種を産します。水生のものは少ないです。地生か樹上、岩上に着生。葉は基部に薬指があり、時に退化して鱗片状になります。根は菌類と共生し、地上生または着生。花は両性で左右相称、穂状花序または総状花序につきます。花は左右相称。両性。苞があり、萼片3、花弁3。完全雄しべは1-2。子房下位。ラン科は多様な習性を持つ植物で、大きく2つに分けられます。1つ目は地生蘭で地下の塊根より革質の茎をだし、花は単立または穂状につくもの。水湿地など湿潤な場所に生えるものと、比較的乾燥したところに生えるものとがあります。2つ目は着生蘭で多年生の茎と肥厚した偽球茎の枝があり、花は項生または偽球茎の下部からでるもの。通常、洋蘭と呼ばれる熱帯性の蘭は華麗な花で知られるのですが、国産の野生蘭は多くは清楚で気品高いものが多いと言われています。鑑賞価値の高いものが多く、栽培や品種改良が進められています。”

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)