キツネノマゴ科の水草一覧

“キツネノマゴ科(Acanthaceae)は双子葉植物に属する科で、草または低木からなります。多くは熱帯産で、中南米、東南アジアなどに多いです。250属2500種ほどからなります。アジアやヨーロッパなどの温帯にもわずかに分布します。日本にはキツネノマゴなど数種の自生種があります。葉は十字対生し、托葉はありません。花は両性で左右相称。花冠は多くは唇形。”

オギノツメ

オギノツメは水湿地などに生育するハイグロフィラの仲間のキツネノマゴ科オギノツメ属の水草で、多年生の抽水~湿生植物です。

記事を読む

ウィステリア

ウィステリアで通称ウィステリアと呼ばれる水草は、本種のウィステリアの事を指します。

記事を読む

ハイグロフィラ

ハイグロフィラは池沼や河川などに生育する沈水~湿生植物です。

記事を読む

ニュー・ラージリーフ・ハイグロフィラ

ニュー・ラージリーフ・ハイグロフィラは、茎や葉脈などが赤く色づくのが特徴の沈水~湿生植物です。

記事を読む

ワインレッド・ロベリア

ワインレッド・ロベリアは大きな卵形の葉に魅力的な色彩が入る植物です。

記事を読む

ホワイト・ウィステリア

ホワイト・ウィステリアは、「ウォーター・ウィステリア」の栽培異変種であるといわれ、形態や生育はすべて同じですが、特に茎上部の葉脈が白色化したものを、ホワイト・ウィステリアと呼んでいます。

記事を読む

スリーテンプル

スリーテンプルは池沼や河川などに生育する沈水~湿生植物です。

記事を読む

ハイグロフィラ・ゴールドブラウン

ハイグロフィラ・ゴールドブラウンは池沼や河川などに生育する沈水~湿生植物です。

記事を読む

ハイグロフィラ・サリチフォリア

ハイグロフィラ・サリチフォリアは水湿地などに生育するハイグロフィラの仲間のキツネノマゴ科オギノツメ属の水草で、多年生の抽水~湿生植物です。

記事を読む

テンプルプラント

テンプルプラントは主としてタイ、マレーの湿地や、池沼の浅水部や水辺に自生しています。

記事を読む

ハイグロフィラ・シアメンシス

ハイグロフィラ・シアメンシスはハイグロフィラの仲間では最も丈夫な部類に入る水草で、アクアリウムのレイアウトに用いられる代表的な種類です。

記事を読む

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

ハイグロフィラ・ポリスペルマは池沼や河川などに生育する沈水~湿生植物です。

記事を読む

ハイグロフィラ・ロザエネルビス

ハイグロフィラ・ロザエネルビスは「ハイグロフィラ・ポリスペルマ」の改良品種です。

記事を読む

ボーグハイグロフィラ

ボーグハイグロフィラはグリーンの葉を十字型に対生させるハイグロフィラの仲間です。

記事を読む

ラージリーフ・ハイグロフィラ

ラージリーフ・ハイグロフィラはその名のとおり、大きな葉を対生させるハイグロフィラの仲間です。

記事を読む

レッドテンプルプラント

レッドテンプルプラントは湿地や池沼のほとりに生える抽水植物です。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)