ウキゴケ科の水草

“苔類は世界で約330属、8000種、日本では約130属、620種が知られています。苔類は大きく2つの亜綱に分けられます。ウロコゴケ亜綱の方が種類が多いですが、ゼニゴケ亜綱の方が目立つものが多いです。それぞれに多くの科があります。ゼニゴケ目 にはウキゴケ科のほかミカヅキゼニゴケ科、ジャゴケ科、ジンガサゴケ科、ゼニゴケ科などがあります。ウキゴケ科の植物にはリシアの他、カンハタケゴケ、イチョウウキゴケなどがあります。”

アクアテラリウムにレイアウトできる水草

イチョウウキゴケ

イチョウウキゴケは全世界に広く分布し、日本の全国各地の水田や池沼の水面に群生して浮漂生活するほか、水湿地の泥土上にも群生する小形の1年草です。
アジア原産の水草

ウキゴケ

ウキゴケは水草水槽の世界ではリシアと呼ばれ、日本で育成される水草の中で、最も人気の高い水草のひとつです。
アジア原産の水草

カズノゴケ

カズノゴケは日本で育成される水草の中で、最も人気の高い水草のひとつです。
アジア原産の水草

リシア

リシアは日本で育成される水草の中で、最も人気の高い水草のひとつです。
タイトルとURLをコピーしました