ヒルガオ科

“ヒルガオ科(Convolvulaceae)はナス目に含まれる科の一つで、ヒルガオ、アサガオ、サツマイモなどを含みます。約50属1200種からなり、熱帯・亜熱帯を中心に世界的に分布します。日本には5属10種ほどが自生します。ヒルガオ科は草または低木で、多くはつる性か、茎が地面を這います。葉は互生し、托葉はありません。花は両性、放射相称、5数性。花冠は漏斗状または鐘形です。花は5または4数、花弁は合生してラッパ状になり、1日でしぼむものが多いです。子房上位。がくは花後も残ります。果実はさく果または液果で、大きい種子(胚乳はない)を含みます。”

アクアテラリウムにレイアウトできる水草

エンツァイ

エンツァイは水辺に生育するつる性の浮遊植物で多年草です。
アクアテラリウムにレイアウトできる水草

アオイゴケ

アオイゴケはヒルガオ科の一属の匍匐性多年草です。
タイトルとURLをコピーしました